Pococha(ポコチャ)

Pococha(ポコチャ)機能制限の解除法・禁止事項について解説!

スマホ1台さえあれば、どこでもライブ配信を行ってコミュニケーションを取ることができるライブ配信アプリ。最近ではSNSなどのインターネット上のプラットフォーム発のインフルエンサーも増えており、特に注目を集めています。

17live(ワンセブンライブ/イチナナ)やPococha(ポコチャ)、SHOWROOM(ショールーム)などのライブ配信アプリは、テレビや雑誌、ラジオなどのメディアで取り上げられる機会も多くなっているので気になっている方やすでに利用しているという方も多いのではないでしょうか?

ライブ配信アプリでは、配信の内外においてユーザー間でやり取りが行えることや配信の内容によっては他人の権利を侵害することなどの問題が想定されることから利用にあたってのルールが定められています。

良識の範囲内で利用している分には特に問題が起こることはほとんどありませんが、知らず知らずのうちに利用規約を違反してしまい、アプリの機能が制限されたりアカウントを凍結されてしまったりということも・・・。

この記事では、人気ライブ配信アプリのPococha(ポコチャ)で行われる機能制限やその解除方法、アプリ内で禁止されている行為について徹底解説します。

この記事の内容を読むことで快適にPococha(ポコチャ)を利用するためのヒントを得られますよ!

\あなたにオススメ/
初心者が月収50万稼げる!人気の優良ライバー事務所は?

ライブ配信応援ナビの管理人は、数多くのライバー芸能事務所を比較検討した結果、現在は「ライバークリエイトさん」に完全無料で所属することをオススメしています。

  • 初心者でも足切りをせずに丁寧に対応とサポートをしてくれて安心!
  • イチナナライブの公式認定!渋谷区恵比寿に事務所あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定しているので、頑張った分だけ稼げる額が大きい!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • 所属ライバーのインスタ公式アカウントが1万フォロワー以上
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 学生さんや主婦、歌手や夜のお仕事をされている方など、ご職業に合わせて配信方法をサポート
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • イチナナ以外も、Pocochaなど大手のライブ配信アプリは網羅!
  • Popteenなどの有名雑誌にも掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

Pococha(ポコチャ)の機能制限とは?

Pococha(ポコチャ)では、すべてのユーザーがアプリを快適に利用するためのルールが設けられており、禁止されている行為を行ったユーザーにはペナルティとして機能制限がかけられることがあります。

機能制限といっても一概にアプリ内のすべての機能が使用できなくなるような制限だけではなく、一部の機能を制限するものや運営による制限、ユーザー間による制限など、色々な種類があります。

ここでは、Pococha(ポコチャ)で行われる機能制限を運営が行う機能制限とユーザーが行う機能制限に分けて、それぞれでどんな機能を制限されることがあるのかを解説します。

運営が行う機能制限

Pococha(ポコチャ)ではユーザーが安心してアプリを利用できるように24時間体制でカスタマーサポートが配信を監視しています。運営が行う機能制限とは、主に公式が定める利用規約を違反する行為を行ったユーザーに課せられるペナルティです。

違反内容の悪質性が高かったり、繰り返し違反したりするとアカウントが無期限利用停止になるなどの厳しい制限を受けます。ここでは運営が行う機能制限についてどのような内容のものがあるのかを詳しく解説していきます。

配信制限なしの配信の停止

Pococha(ポコチャ)では、ライバーの保護のために配信を強制終了させられることがあります

これは配信の停止をし忘れてしまった場合などに行われる処置なので、特に配信停止を受けても一定期間配信ができなくなるといった制限はありませんが、配信の切り忘れは映したくないものが映ってしまうなどの放送事故も起こり得るので気を付けるようにしましょう。

配信制限ありの配信の停止

配信中にPococha(ポコチャ)のルールブックで禁止されている事項に違反する行為を行った場合は配信の停止が実行され、停止後は一定期間配信ができなくなるといった機能制限を受けます。

もし配信中に意図せず違反行為をしてしまった場合、まずは警告という形で配信画面や視聴画面などに表示されるので速やかに対処しましょう。なお、緊急性の高い違反内容については即刻機能制限を受ける場合もあります。

配信機能が制限される期間を決定する要素は違反の頻度です。また、違反が悪質である場合や繰り返しの違反の場合、一定期間アプリを利用できなくなるといった機能制限も併用される可能性があります。

コメント制限

コメント制限とはコメントの入力が行えなくなる制限のことです。コメント制限は、他のユーザー同士のコミュニケーションを妨害するようなコメントを連投した場合に適用されます。

こちらも違反行為に該当することによるペナルティなので、違反の悪質度合いが高かったり、繰り返しの違反であったりした場合はアプリの機能全般の制限を併せて受けることもあります。

アプリの利用制限

アプリの利用制限を受けるとアプリのすべての機能を利用できなくなります。このアプリの利用制限措置は、すべての違反行為に対するペナルティとして適応されるものです。

アプリの利用制限の期間は24時間~無期限まであり、違反内容の悪質性や違反の回数で決定されます。違反の回数については、内容を問わずにすべての違反の種類を合算した総違反回数で算出されます。

アプリの無期限利用停止

運営が行う機能制限の中でも最も厳しいのがアプリの無期限利用停止です。アプリを利用することができなくなり、アカウントの復活や再登録も原則認められません

ユーザーが行う機能制限

Pococha(ポコチャ)では、24時間体制でカスタマーサポートが配信を監視して違反行為を取り締まっていますが、ユーザー自身が身の危険を感じたときに使える『他のユーザーの一部行為を制限する機能』が実装されています。

客観的に見て、明確な違反行為といえないものの不快感を与えられたり、悪意を感じたときには利用できるのでアプリを快適に使うためには便利な機能です。

コメント禁止機能

コメントの禁止機能はライバーとライバーが作成したファミリーのアシスタントが、任意のユーザーに対してコメントを一定時間禁止することができる機能です。

コメントを禁止されると配信中にコメントを行うことができなくなりますが、フォロー自体は解除されません。迷惑なコメントを繰り返すユーザーに対して、軽めのペナルティを課すことができる機能です。

コメント禁止を行いたい場合は、配信中にコメントを禁止したいユーザーの名前をタップしたときに表示されるポップアップの中の『コメントを禁止』をタップします。

ライバーの方は自分が気持ちよく配信するために場合によっては利用すると良い機能でしょう。リスナーの方は、ライバーやアシスタントの一存によって機能制限を受ける可能性があることを念頭に置いて、良識のあるコメントを心がけましょう。

ブロック機能

ユーザーが行える最も厳しい機能制限としてブロック機能が挙げられます。ブロック機能もコメント禁止と同様にライバーとファミリーの管理人が使用できる機能制限です。

ブロックされるとブロックしたユーザーのフォローが解除され、フォローができなくなる他、そのユーザーの配信を視聴することもできなくなってしまいます

本当に迷惑行為を繰り返しており、改善の期待ができない場合などには自分を守るためにも利用すると良いでしょう。

Pococha(ポコチャ)の禁止事項とは?

先ほどまで紹介してきた機能制限のうち、特に運営からペナルティとして課せられる機能制限はPococha(ポコチャ)の禁止事項に該当する行為をしたことによるものです。

通常利用の中で意図せず禁止事項に抵触してしまうことは多くありませんが、禁止事項の中には社会的にOKでもPococha(ポコチャ)内では禁止というものもあります。

ここでは、Pococha(ポコチャ)で禁止されている行為の代表例をリスナー・ライバー向けに紹介します。

『普通に利用していたのにアカウントが凍結されてしまった!』などということがないように事前に確認しておきましょう。

誹謗中傷や嫌がらせ

現代において社会問題として取り上げられることも多い誹謗中傷・嫌がらせですが、当然Pococha(ポコチャ)でも固く禁止されています。

他のライバーやリスナーの信用を貶めたり、傷つけるような発言はやめましょう。Pococha(ポコチャ)公式のルールブックでは具体的な例として以下の行為を上げています。

  • 配信中のライバー、リスナーに対して「気持ち悪い」「配信つまらない、やめろ」などの相手を傷つける行為
  • 相手が嫌がっている行為を執拗に要求する行為
  • 「女性/男性だから〇〇できない」等の性別や、宗教・人種・文化・社会階級などに関する差別発言
  • 「〇〇してくれないと悪口、名誉を傷つける」などの要求を伴った脅迫行為
  • 「会いに行って殴るぞ」等の他人へ暴力的な発言をすること、身体的な恐怖心を与えること
  • 特定の人の写真やものなどを損壊させ、脅迫や暴力を感じさせる行動
  • 意味のないコメントなどの大量投稿などにより、配信の妨害を目的とした荒らし行為
  • 「家に行く」「住所を特定した」などの身の危険を感じさせる行為

(引用:Pococha(ポコチャ)公式ヘルプ

これらの具体例に当てはまらなくても他のユーザーが不快感を感じたらその発言はNGです。誹謗中傷には『特定のワードが含まれていたらいけない』などという決まりはありません。不適切かどうかは文脈や口調にもよります。相手の気持ちを思いやってPococha(ポコチャ)を利用しましょう。

出会い目的での利用

Pococha(ポコチャ)を利用して出会いを求める行為などは、トラブルの原因になり得るため禁止されています。

電話番号やメールアドレスなどの個人情報を記載することや交際を求めることは控えるようにしましょう。

また、配信においては住居を特定できような風景や外観を映さないように注意することも大切です。

社会のルールに反すること

当然ですが、社会的にも許容されないような行為をすることは禁止されています。脅迫や侮辱はもちろんですが、未成年の飲酒や喫煙ももちろんダメです。

また、こういった犯罪にあたるような行為を誘引するような配信にも気を付けましょう。Pococha(ポコチャ)では、成人していたとしても配信中に喫煙することは禁止されています。なお、他のライブ配信アプリでは成人の飲酒も含めて禁止されているアプリもありますが、Pococha(ポコチャ)ではOKです。

成人されている方は配信でのコミュニケーションを楽しむために適度に飲酒するというのはアリでしょう。

他の人の著作物を映すこと

配信中に他の人の著作物を許可なく映してしまうと著作権の侵害に該当する可能性があります。

TVや映画、ゲーム等を映しての配信や市販のCD、DVD、ストリーミングサービス、動画アプリの音源もしくはカラオケ音源を使用しての配信は、著作権者の許可がない限りできません。

なお、歌配信についても他の人の曲をカバーする行為には許可が必要ですが、Pococha(ポコチャ)ではJASRACやNexToneといった著作権管理団体で管理している楽曲なら使用の際にアプリ内の機能で報告を行えばPococha(ポコチャ)の運営が申請を代行してくれますよ!

コミュニケーションの放棄

Pococha(ポコチャ)はライバーとリスナーが配信を通してコミュニケーションを取ることを目的としたアプリのため、放置・寝落ち・無音・同一内容同時配信などのライバーとリスナーの間でコミュニケーションが行われていない配信が禁止されています。

他のライブ配信アプリではペットの映像を映し続けるだけの配信枠などもありますが、Pococha(ポコチャ)ではコミュニケーションやパフォーマンスの意思のないペット配信はできません。

こういったPococha(ポコチャ)で禁止されている行為は、法律上問題がなくても機能制限を受けることがあるので注意して利用しましょう。

Pococha(ポコチャ)で特に気を付けたい禁止行為を中心に紹介しましたが、もっと細かく確認したい方は、以下の公式で出されているルールブックも確認してみてくださいね。

Pocochaルールブック

Pococha(ポコチャ)の機能制限を解除する方法

Pococha(ポコチャ)では公式で定めている禁止行為や他のユーザーに不快感を与える行為を行った場合に機能制限を受ける可能性がありますが、これらはどうすれば解除できるのでしょうか?

ここでは、Pococha(ポコチャ)の機能制限を解除する方法について紹介します。

運営による機能制限の場合

運営による機能制限として、コメントや配信などのアプリの一部機能または機能のすべてに制限がかかった場合、初回の違反などであれば通常は期限付きの制限となります。

機能制限の期間については『お知らせ』に記載されますので、その期間を経過するのを待ちましょう

なお、アカウントを作り直せば一時的にアプリを使用できるようになるかもしれませんが、これはPococha(ポコチャ)で認められていません。同一人物であることが判明した時点で再度機能制限がかかります。

ユーザーによる機能制限の場合

ライバーやファミリーの管理人によるコメント禁止・ブロックといった機能制限は、その機能を使用する権限を持ったユーザーに解除してもらわなければなりません。

なお、『コメント禁止』だけであれば24時間後には解除されるので再度トラブルにならないように和解を試みましょう。

まとめ

Pococha(ポコチャ)では、すべてのユーザーが快適にアプリを利用できるようにルールが定められており、禁止行為に該当することを行うとアプリの機能が制限されます。

機能制限は、コメントや配信など一部の機能のみを制限するものからアプリの利用自体を制限するものまで様々です。

基本的にPococha(ポコチャ)のルールブックに従って利用すれば、機能制限を受けることはほぼありませんが、思いやりの気持ちをもって利用しましょう。

Pococha(ポコチャ)のルールは、他のアプリ同様に誹謗中傷などトラブルの原因になる行為や著作権侵害など法律上禁止されていることを禁止する内容がほとんどですが、成人していても喫煙はできないことやコミュニケーションを行わない配信はできないのが特徴です。

ルールを守って楽しくライブ配信を楽しみましょう!

【管理人からお知らせ】 初心者でも「公式ライバー」として自宅で月収50万円稼ぐ方法

「公式ライバー」「公式ライバー事務所」と行っても、イマイチ「ピン」と来ませんよね? イチナナをはじめとする人気ライブ配信アプリは、実は「公式事務所」という芸能事務所と提携をして、タレント(ライバー)さんをマネージメントしていいます。 そして、公式事事務所に所属しているライバーさんは、ライブ配信アプリの中で「公式ライバー」と呼ばれ、特別な扱いを受けることができます! ※プロフィール欄にチェックマークが付与されているので、一目で分かります。 公式ライバーは、プロフィール欄にチェックマークが付されているので、一目で分かります。後述しますが、公式ライバーになると、一般ライバーと比較して、様々なメリットが受けられます! 一番ピンと来るのは、報酬です。 公式ライバーならではの報酬体型があり、週2〜3日で月収50万円から、数百万円まで、稼いでいる方も少なくありません。 「ライバーさんを応援する」という目的で運営している、本ブログの一番のオススメの事務所は「ライバークリエイト」さんです!
初心者でも足切りをせずに丁寧に対応とサポートをしてくれて安心! ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い ・TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり! ・所属ライバーのインスタ公式アカウントが1万フォロワー以上 ・女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバなどが担当マネージャーが経験豊富 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング! プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定している! ・イチナナライブの認定!渋谷区恵比寿に事務所あり! ・イチナナ以外も、Pocochaなど大手のライブ配信アプリは網羅! ・Popteenなどの有名雑誌にも掲載
という「信頼性」が特徴の、公式ライバー事務所になります! 少しでもライバーに興味のある方は、以下の公式ラインで気軽に相談すると、優しく相談にのってくれますよ♪ line_contents

上記ロゴをタップすると公式LINEに移ります。PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取ってみてください。

詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください! 【イチナナ】オススメの公式ライバー事務所は?選び方のポイントは?