Pococha(ポコチャ)

Pococha(ポコチャ)BAN (バン) される禁止事項を解説!

Pococha(ポコチャ)を使ったことがある人の中には、BAN(バン) になる行為は何か気になった人もいると思います。

BAN (バン) となる行為を知らずのうちにしてしまっており、せっかく積み上げてきた自分のアカウントが消されたら悲しいですよね。

本記事では、自分のアカウントを守るためPococha (ポコチャ) の禁止事項について調べてみました。

\あなたにオススメ/
初心者でも高収入ライバーを目指せる!人気の優良ライバー事務所は?

ライブ配信応援ナビの管理人は、数多くのライバー芸能事務所を比較検討した結果、ライブ配信特化型の芸能事務所「ライバークリエイトさん」に完全無料で所属することをオススメしています。

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

Pococha (ポコチャ) でペナルティになる行為とは

まず、はじめにPococha(ポコチャ) においてBAN(バン) の対象となる行為についてまとめました。

BAN(バン) の対象となる行為

・迷惑行為
・カラオケ音源の使用など著作権を侵害する行為
・配信中の喫煙
・ヌードなど性的な内容を含むもの
・犯罪、違法的な内容
・放置、寝落ちなど
・オートフリッカーなどの自動化アプリの使用
・サブアカウントの利用

うっかりとやってしまいがちな項目もあるのではないでしょうか。

また、他の配信アプリとルールは左程変わらないと思います。

ペナルティとなる禁止事項は定まっているようですので、ライバーさんやリスナーさんも覚えておきましょう。

では一つずつ確認していきたいと思います。

迷惑行為

他ユーザーさんの迷惑になる行為は当たり前ですが禁止されています。

たとえば、ストーカーや嫌がらせなどの悪意のある行動、利用者を不快にする行為は禁止です。

個人情報を公開するようなこともだめです。

これらは、Pococha(ポコチャ) 以外でもNGな行為だと思います。

ライバーさんだけでなく、リスナーさんにも当てはまるので注意しましょう。

著作権の侵害

著作権の侵害として利用できな音源が存在します。

それが、CD音源とアプリ外のカラオケ音源の2つです。

この禁止事項は、気を付けていないとうっかりやってしまいそうです。

上記の音源は、作曲者の許可を得ることができると利用できますが、手間なのでおすすめではありません。

逆に、利用できる音源もあります。それが、カラオケ機能、自作の曲、フリーの音源、弾き語りの4つです。

フリー音源は、作曲者が公的に許可を出している曲です。ネットで検索すると出てくるので利用前に確認しておきましょう。

ライバーさんは、配信中に曲を使用した際には、プロフィール設定の使用楽曲という欄があるので、そこから報告する必要があります。忘れないようにしてください。

著作権に引っかかるかもというものをリスナーさんに紹介したい場合は、サイト名などを教えるなどの対策をするのがおすすめです。

配信中の喫煙も禁止?

配信中にたばこを吸うのは、BAN(バン) 対象になります。

Pococha(ポコチャ) の公式サイトのヘルプに禁止と明記されています。

過去に喫煙をしてBAN(バン) になったライバーさんもいるそうです。

法令違反行為をともなう配信を防ぐためのルールなので、配信が終わるまでは我慢するべきです。

ヌードなどの露出

他の配信サイトと同様に、ヌードや性的な内容だと判断されるような配信や露出の多い配信も禁止事項に含まれます。

仮に見えていないとしても際どいものもBAN(バン) と判断される場合があるので注意しましょう。

露出とみなされる例があるので紹介します。

露出とみなされる例

・上半身や足が広範囲見える
・胸元の協調
・下着や下着に見える服が映っている
・お風呂
・部屋の中での水着姿

上記に示した例は露出として判断される確率が高いのでちゃんとした服を着て配信することが大事です。

また、オフショルダーのような服で配信をするとヌード配信と判断される可能性もあるので、服がしっかりと映るようにカメラの角度調整をしておく必要があります。

犯罪・違法な内容

音源の著作権以外にも他人の肖像権もアウトです。また、撮影が禁止されているところでの配信もペナルティをもらう行為です。

配信でテレビや動画を流すこともNGとなっています。

また、可能性は低いですが、グロテスクな画像などが映ることも禁止です。

グロに対して免疫のない若者層が影響を受けてしまう可能性があるからです。

これはダメかなと思った行動は控えるようにしましょう。どうしてもという場合は、しっかりと許可をとってから配信するとよいと思います。

放置・寝落ち

この禁止事項が一番やってしまいがちなのではないでしょうか。

意味もなく配信枠をとることは運営から禁止されています。

寝落ちや放置は、サーバーに負担をかけるだけで生産性がないからです。

リスナーさんとの交流がないため、健全な配信に支障がでるという考えもありそうです。

用事があって席を立つ、眠くて寝落ちしてしまうかもという場合は、配信を終えるようにしましょう。

次の日に、万全の状態で配信に臨みましょう。

対策として、アラームを設定しておくのも仮に寝てしまっても途中で起きられるためおすすめです。

自動化アプリの使用

オートクリッカーなどの決まった動作を自動で行ってくれる自動化ツールを使用することも禁止です。

オートクリッカーを使用すると、自動でハートを送ることで盛り上がりの偽造や、ボックスを不正獲得できるからです。

使用すると重い処分を与えられるようで、アカウントが凍結されたり、最悪の場合退会になってしまいます。

サブアカウント

サブアカウントの使用も禁止となります。禁止事項が多すぎる、サブ垢ぐらいいいのではと思う方もいるかもしれません。

これは、サブアカウント大量に使うことでランクポイントや盛り上がり具合を不正に上げることができてしまうからです。

アカウントのパスワードを忘れてしまいログインできない場合、運営に問い合わせるなどして冷静に対処してください。

禁止事項があるのには、なんらかの意味があるはずです。

NG行為に抵触しないためにもルールを覚えてアプリを使用するようにしましょう。

リスナーが警告をうけるときも?

基本的に警告文はライバーさんに来ることが多いです。しかし、リスナーさんがうける場合もあります。

リスナーさんに警告がくるのは、

  • 配信を荒らした
  • 通報を受けた
  • 公序良俗に反した
  • ギフトの不正取得

などの行為をしたときです。

視聴側にも、禁止事項が存在するので、自分は大丈夫とは思わず規定事項をしっかりと守って秩序ある配信にしていきましょう。

禁止事項に反したらどうなる?

違反行為を犯してしまったときに、運営からどんなペナルティを与えられるのか気になる人もいると思います。

まず、はじめに禁止事項を行ってしまった場合には、配信画面や通知一覧に警告文が送られます。

これを無視し続けて禁止事項に触れたり、警告が表示されてから時間が経つとペナルティを課されることになります。

また、NG行為によって警告文やペナルティは異なっているようです。

ペナルティとして、軽いものであればプロフィールが強制的に非表示になります。これは、プロフィールに問題がある場合になるようなので、すぐに対応可能かと思います。

他には、一部機能が制限され、配信ができなくなったり、アーカイブが削除されるようです。

最も重い処分だと、アカウントが永久BAN(バン) されることもあるようです。

機能制限などのペナルティの場合、制限される期間が設けられることが多いようです。

5分間、24時間、3日間、無期限などの制限が確認されています。

なお、機能制限が無期限と表示されていると、永久停止の確率が大きいです。

もし機能制限を課された場合などは、一度運営に問い合わせてみましょう。

警告文にはどんなものがある?

普段、見慣れない文章が表示されると焦ると思います。そこで、どんな警告文が存在するか確認しておきましょう。

以下にこれまでに確認された警告文を記したいと思います。

・他者の権利を侵害する可能性のある配信です

・Pococha(ポコチャ) ではアダルト配信は強制停止の対象になります

・Pococha(ポコチャ) では無言・放置配信は強制停止の対象になります

・あなたの設定しているプロフィールについて違反を確認しました

・プロフィールに他社の権利を侵害する投稿が確認されました

・あなたの配信内容について規約違反を確認しました

このような文章が表示されると、禁止事項に抵触したという判断がされています。

この段階は、あくまで警告なのでペナルティは課されません。すぐに、記載されている禁止事項をやめるなどして、対応するようにしましょう。

あらかじめどんな通知が来るか知っていると、対応しやすいと思います。

悪質な場合は、通報機能を使おう

Pococha(ポコチャ) には、通報機能が存在します。自分が不適切な配信やコメントを見つけたときに通報することができます。

ユーザーのアイコンをタップすることで、利用可能です。

通報しても最終的に警告を出すかの判断は運営任せになります。逆にいえば積極的に通報をしてあとは運営に任せてしまいましょう。

通報する対象となるのは、

・荒らし
・アンチや叩き行為
・出会いも目的
・未成年飲酒
・誹謗中傷
・著作権の侵害

などです。

この通報をされると高確率で警告が送られることになります。

運営は常に、配信を監視しているわけではありません。しかし、通報があるとその配信やアカウントを監視しにきます。

そのため、禁止事項が運営の目に留まることが多くなるため警告を受けやすくなります。

怪しい場合は通報して運営に確認してもらうようにしましょう。

迷惑行為には、ブロックしよう

迷惑行為を繰り返すリスナーさんがいる場合、それが原因でライバーさん警告を受ける可能性があります。

ペナルティを回避するためにもブロック機能を活用する必要があります。

ブロックの方法は、

  1. 配信画面上のアイコンまたは、ユーザー名からブロックしたい人を選択
  2. 右上に表示される”…”マークを押す
  3. ブロックを選択

の3工程です。

通報も同時に行っておくと機能制限やアカウント停止に持っていくことができるのでおすすめです。

自分で判断できない悩みや予想外のアクシデントがあった場合は、事務所に所属している人であれば事務所に、個人勢であれば運営に相談してみるのが良いかと思います。

規約違反したときに、原因を明記してくれない

下記に示す画像は、禁止事項に抵触したにも関わらず、改善しなかったときに送られる通知です。

しかし、よく見ると具体的に何に違反したのか明記されていません。

そのため、なぜ警告を受けているのか不明なケースもあり不満が募ることもあるようです。

Pocochaの警告文

(引用:SNSデイズ, ポコチャで警告が来る!警告の種類や通報方法等を徹底解説 – SNSデイズ (snsdays.com)

原因不明のまま警告されるのは納得できないという方は、運営に問い合わせてみるとよいかもしれません。

しかし、問い合わせても、どの場面でどういった禁止事項に触れたのかが分からないため、一定数は不満をもつひともいるようです。

 

禁止事項を守るために

禁止事項に触れないためには、今回解説した禁止事項を事前に理解しておく必要があります。

特に、最近Pococha(ポコチャ) での配信を始めた方は、知らない間に運営が定めたNG行為をしてしまっていることもあります。

また、禁止事項を行ったからといってすぐにBAN(バン) されるといった重たい処分を受けるわけではなく、最初に警告が通知されます。

その場合は、焦らずに自分の配信の何が悪いのかを把握することが大事です。

一度、リスナーさんに事情を話して配信をとめるのも良いかもしれません。

警告通知をほったらかしのままでいると、運営からブラックリストに載せられたり、何らかの措置が取られる可能性があります。

自分のアカウントを守るためにも必ず対応するようにしてください。

Pococha(ポコチャ) で禁止されていることがはっきりとしています。

アカウント停止やその他のペナルティを回避するためにもルールを守って楽しくアプリを使っていきましょう。

【管理人からお知らせ】 初心者でも「公式ライバー」として自宅で月収50万円稼ぐ方法

「公式ライバー」「公式ライバー事務所」と行っても、イマイチ「ピン」と来ませんよね?
Pococha(ポコチャ)、17Live(ワンセブンライブ/イチナナ)をはじめとする人気ライブ配信アプリは、実は「公式事務所」という芸能事務所と提携をして、タレント(ライバー)さんをマネージメントしていいます。

そして、公式事事務所に所属しているライバーさんは、ライブ配信アプリの中で「公式ライバー」と呼ばれ、特別な扱いを受けることができます!※プロフィール欄にチェックマークが付与されているので、一目で分かります。

公式ライバーは、プロフィール欄にチェックマークが付されているので、一目で分かります。後述しますが、公式ライバーになると、一般ライバーと比較して、様々なメリットが受けられます! 一番ピンと来るのは、報酬です。 公式ライバーならではの報酬体型があり、週2〜3日で月収50万円から、数百万円まで、稼いでいる方も少なくありません

「ライバーさんを応援する」という目的で運営している、本ブログの一番のオススメの事務所は「ライバークリエイト」さんです!

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください! 【イチナナ】オススメの公式ライバー事務所は?選び方のポイントは?