17Live(ワンセブンライブ/イチナナ)

17Live(イチナナ)ライブ配信おすすめ機材・使用方法を徹底解説!

普段の生活で写真を撮ったり、動画を撮影したりすることが日常に溶け込んでいる中でも『機材』にこだわる人は少なくないかなと思います。

ライブ配信をするライバーもみんな機材を手に撮影に臨んでいます。とは言っても『どんな機材があるのか分からない』『おすすめの機材を教えてほしい』という人もたくさん居るので、まだ機材があまり手元にないという場合も不安にならなくて大丈夫です!

今回は、17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のライブ配信におすすめの機材と使用方法についてご紹介します。ぜひ、参考になさってくださいね!

Contents

\あなたにオススメ/
初心者が月収50万稼げる!人気の優良ライバー事務所は?

ライブ配信応援ナビの管理人は、数多くのライバー芸能事務所を比較検討した結果、現在は「ライバークリエイトさん」に完全無料で所属することをオススメしています。

  • 初心者でも足切りをせずに丁寧に対応とサポートをしてくれて安心!
  • イチナナライブの公式認定!渋谷区恵比寿に事務所あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定しているので、頑張った分だけ稼げる額が大きい!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • 所属ライバーのインスタ公式アカウントが1万フォロワー以上
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 学生さんや主婦、歌手や夜のお仕事をされている方など、ご職業に合わせて配信方法をサポート
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • イチナナ以外も、Pocochaなど大手のライブ配信アプリは網羅!
  • Popteenなどの有名雑誌にも掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)とは

17Liveは『17Media Japan』という会社が運営している台湾生まれのライブ配信アプリのことです。以前はイチナナと呼ばれていましたが、現在は『ワンセブンライブ』と呼ばれています。

当初は、写真や動画を共有するSNSとしてサービスが開始されていましたが、スマートフォンを利用したライブ配信に特化したライブ配信アプリとしてリニューアルされたことをきっかけに急速に人気が上昇しました。

全世界で5,000万以上のユーザーを抱える大人気サービスとなっています。(2021年9月時点)アジアを中心に各国で人気があり、日本においても国内No.1ライブ配信アプリとして有名です。

ユーザーが多いライブ配信アプリを使用することによって、それだけ多くの人たちに視聴してもらえる機会が増えるので、おすすめです!

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)ライバーの基本的なおすすめ機材と使用方法!

『17Liveでライブ配信を始めたい!』

そう思った時に必要な、配信用スマホやスマホ用スタンドなどの最低限な機材から、より高クオリティなライブ配信をするための専門機材情報までを網羅しました。

17Liveでライブ配信を始める際の参考にしてもらえたら幸いです!

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)ライバーの基本機材①:配信用スマホ

17Liveで配信をするためには、まず配信用のスマートフォンが必須です。
ミキサーやiPadなど他機材と接続しやすいという点から、比較的iPhone(またはiPad)のほうが扱いやすいといえます。

Androidスマートフォンでも配信は行なえますが、定期的に最新バージョンへのアップデートが必要です。配信中にたびたびアプリが落ちてしまうなど、不具合が多数報告されています。

Apple iPhone 13 (128GB) - ブルー

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)ライバーの基本機材②:スマホ用スタンド・三脚

配信用のスマートフォンやタブレットを用意したら、次に必須機材となるのはスタンドや三脚です。

スタンド・三脚がなくても配信は行なえますが、手持ちで配信を続けていると、どうしても画面の手ブレが気になってしまいます。視聴者(リスナー)からすると、常に揺れているライブ配信は見にくいので離脱率が高くなってしまうでしょう。

3点でしっかり固定できるタイプが理想的です
高さも自由に調整することができるものを選べば、自分が一番盛れる角度でライブ配信することもお手の物です。

自撮り棒 三脚 【2022業界モデル・カメラ対応】 Bluetooth セルカ棒 軽量 リモコン付き スマホ 6段階伸縮 360°回転 無線 折りたたみ コンパクト 持ち運び便利 iPhone7/8 iPhoneX/iPhone11/ iPhone13等 スマホ カメラ対応 自撮り棒 スマホ 三脚/一脚兼用 【設計強化158cm & 7段階伸縮】Bluetooth セルカ棒 360°回転 軽量 生放送 Web会議 撮影 映画放送 旅行Gopro iPhone/Androidスマホ等対応 【日本語取扱説明書付き】 Amconsure LEDリングライト高安定性 三脚スタンド+卓上スタンド 照明撮影用ライトセット 10in/3色モード/10輝度調光 3000K-5600K 補助光 自撮り写真/美容化粧/Youtube/tiktok/ビデオカメラ撮影用(日本語説明書)

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)ライバーの基本機材③:自撮り用ライト・照明

スマートフォンやタブレットを使用してライブ動画を配信することを考えると、やはり明るさが足りない場合が考えられます。『暗くてあまり顔が見えない……』と思われないように、自撮り用ライトや簡易照明を用意しておきましょう。

17Liveの人気配信者(ライバー)やトップYouTuber達は、必ずといっていいほどライトや照明を準備しています。

やはり費用をかけて良いライトや照明にすると、画面の見え方・盛れ方も変わるようです。自分の配信スタイルに合わせて、どのレベルのライト・照明を使うか調整してみましょう。

NEEWER CN-160 LED ビデオライト 160球のLEDを搭載 Canon、Nikon、Sigma Olympus、Pentaxなどのカメラ&ビデオカメラに対応 【並行輸入品】 自撮りライト スマホledライト クリップ 携帯用 3段階のフラッシュ (電池式ホワイト)写真 セルカライト 小型軽量 暗い環境 補助照明 全スマホに対応

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)ライバーの基本機材④:BGM配信機器

通常、ただライブ配信をしようと思ったら、背景にBGMなしのいわゆる『無音配信』となってしまいます。

より多くのリスナーがついているライバーは、総じて背景に何かしらのBGM・音楽を流して配信しているもの。ライブ配信を始めた当初はいいかもしれませんが、長く配信していきたいと思った場合には、背景にBGMを流す『BGM配信機器』が必要かもしれません。

元々自宅にあるオーディオ機器やPCなどを使用して、そのままBGMを流せば配信で拾ってくれます。

また、『オーディオインターフェース』というものを使用すれば、音楽を直接スマートフォンへ流すことも可能。高価なので、機材の導入はしっかりお財布と相談してからにしましょう。

RLSOCO 収納ケースヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー オーディオインターフェース 3チャンネル AG03 対応

BGMコードについて

オーディオインターフェイスを使用する場合は、オーディオケーブルも必要です。オーディオケーブルに繋げることができる配信媒体とオーディオインターフェイスを繋ぐことによって配信中にBGMを流すことができます。

Anker 3.5mm プレミアムオーディオケーブル (1.2m) AUXケーブル ヘッドホン、iPod、iPhone、iPad、ホームステレオ、カーステレオ スピーカー 他対応(ブラック)

iPhoneとBGMコードを繋ぐ場合

BGMコードを使わないiPhoneに接続してBGMを流したい人も多いと思います。その場合は、iPhone専用の変換アダプタを準備する必要があるので、チェックしておきましょう!

Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材と使用方法!

よりリスナーに喜んでもらうための配信をするには、室内だけではなく屋外での配信を試してみるのも一興。いつも同じ背景よりも新鮮みがあって飽きさせません。固定リスナーを確保するのにも繋がるでしょう。

屋外で配信する際のおすすめ機材や、歌配信(音楽配信)をする際に必須な機材についてまとめました。

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材①:配信用マイク

室内でライブ配信をする場合には問題ないかもしれませんが、屋外で配信をする場合に気になるのはやはり『音』ですよね。

声以外の、風の音や車の音などを拾ってしまう場合が考えられます。ノイズとなり、リスナーにとっても聞いていて快適な配信とはいえません。

屋外で配信する専用の『配信用マイク』を用意しましょう。一般的なのは、小さな声でもしっかりと拾ってくれるイヤフォン付きのマイクです。

【2022 MFi正規認証品】iPhone イヤホン lightning 有線 イヤホン 純正 iPhone12/11/7/7P/8/8P/X/XS/XR/XS Max/iPad/ipod対応 音量調節 通話可能 リモコン/マイク付き ステレオイヤフォン 磁気設計 絡み防止

よりクオリティの高い歌配信などをしたい場合は、少々お値段は張りますが、コンデンサーマイクなどの良い機材を用意するのがおすすめ!

オーディオテクニカコンデンサーマイクロホン AT2020 ブラック & ショックマウント AT8458a & ブームアーム AT8700J 【2021令和2年】ZealSound コンデンサー ・マイク USBマイク PC用録音 エコー機能付き 会議用 マイク タブレット/PC用録音マイク プラグアンドプレイUSBマイク ハンドヘルドマイク カラオケ/ポッドキャスト/YouTube用/生通信・生放送・ゲーム実況用マイク 全指向性ミニマイク  高感度 集音マイク 3.5mmAUX/イヤフォンジャック付き 3D立体チャンネルサラウンド スタンド付属 小型Android/iPhone/PC/iPad/Type-C機種に対応 オンライン会議 テレワーク在宅 会議用 リモートワーク (ピンク)

こういったコンデンサーマイクは、以下のようなオーディオインターフェースとセットで使用するのが一般的です。エコーをかけてよりプロ仕様な配信にするためにも必須ですので、リサーチにリサーチを重ねましょう。

YAMAHA (ヤマハ) ウェブキャスティングミキサー AG06 ウェブキャスティングミキサー

以下のような接続ケーブルも別途用意しなければいけませんので、より高品質な配信をする場合はどんなものが必要なのかしっかり確認するようにしましょう。

audio-technica キャノンケーブル ATL458A/3.0 マイク用 3.0m XLRコネクタ オス-メス

その他、変換アダプタやマイクには以下のようなものもあります。自分がどんな配信をしたいのか、スタイルに合わせて用意するのがおすすめです。

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ TONOR USBゲーミングマイク コンピューターコンデンサー PCマイク 三脚スタンド&ポップフィルター付き ストリーミング ポッドキャスト ボーカル録音 iMac PC ノートパソコン デスクトップWindowsコンピュータ対応 TC-777

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材②:ヘッドホン・イヤホン

配信中の音を聴くためには、ヘッドホンもしくはイヤホンをつなぎます。また、短時間の使用ではないので、自分が使いやすいものを選んで使用することも大切です!

例えば、ヘッドホンには開放型と密閉型があります。それぞれにメリットはありますが、開放型には音が漏れやすいという特徴があるので、ライブ配信で使用するということを考えると、密閉型がおすすめです。

特に、楽器演奏をしたり、歌ってみたというような音楽系の配信をするライバーの場合は、楽器の音や自身の歌声をヘッドホンで確認できるという大きなメリットが存在します。加えて、音漏れが少なくてヘッドホンの音がマイクに入りにくいところもおすすめな理由です。

OneOdio ヘッドホン 有線 オーバーイヤーヘッドホン 二穴接続 DJ用 モニターヘッドホン マイク付き ヘッドフォン HiFi 楽器練習 音楽鑑賞 映画鑑賞 在宅勤務 ライブ テレワーク Pro10 グレー

また、イヤホンに関しても様々なタイプのイヤホンがあります。耳の形や使い慣れたイヤホンを選んで使用しましょう!

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材③:ミキサー(オーディオインターフェース)

『ミキサーやオーディオインターフェースってなに?』と思う方もいるでしょう。アーティストがレコーディングで使用する、音をより良く出力する機械だと思ってもらえれば十分です。様々な種類のものがあり、値段も千差万別です。

スマートフォンでのライブ配信であれば、選ぶ基準は『スマートフォン用の接続ケーブルがあるかどうか』というポイントです。

スマートフォンでの配信に対応しているかいないかで、扱いやすさが一気に変わってきます。17Liveのトップライバーでも使用者が多い以下のようなオーディオインターフェースがおすすめです。

Roland ローランド/GO:MIXER PRO-X モバイル・デバイス専用ポータブル・ミキサー ヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー オーディオインターフェース 3チャンネル AG03 インターネット配信に便利な機能付き 音楽制作アプリケーションCubasis LE対応 ヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー オーディオインターフェース 6チャンネル AG06 インターネット配信に便利な機能付き 音楽制作アプリケーションCubasis LE対応

オーディオインターフェースの使用方法

オーディオインターフェースの上部

必ずオーディオインターフェースの電源を切った状態で各コードは繋ぐようにしましょう。電源をつけた状態のままで各コードを抜き差しすると機材が故障したり、思わぬ事故になってしまう可能性もありますので、十分にご注意ください。

また、コンデンサーマイクを使用する場合、ファンタム電源(+48Vと書いてあるボタン)をオンにして、ボリュームのスライダーを1番下にした状態で電源を入れて、イヤホンで音声を確認しつつ徐々にスライダーを上げていくようにしましょう。

なお、BGMの音量調節についてはBGMの再生機器にて調整しないといけませんので、焦らずに対処しましょう。

オーディオインターフェース背面

USBケーブルの端子と電源コードの端子があるので、挿す方向などに注意して端子の形を確認しながら故障に繋がらないように注意して扱いましょう。

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材④:モバイルバッテリー

屋外で長時間のライブ配信をしようとすると、やはり心配なのは充電がもつかどうかですよね。いざという時のためのモバイルバッテリーは欠かせません。

リーズナブルな価格で、かつ3~4回はフル充電ができ、持ち運びもしやすい軽量サイズなら尚よし。モバイルバッテリーを選ぶ際の参考にしてください。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【PSE技術基準適合/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 2020年12月時点 (ブラック) モバイルバッテリー 軽量 小型 13800mAh 携帯バッテリー 大容量 コンパクト 携帯バッテリー (PSE認証済) LCD残量表示 鏡面仕上げデザイン 持ち運び便利 急速充電 充電器 薄型 ミニ 携帯充電器 iPhone/Android/docomo/softbank/au 機種対応 出張 旅行 地震防災 RUIPU モバイルバッテリー 大容量 軽量 30000mAh 薄型 【LEDライト付き&Type-C充電対応 】 2.1A急速充電 LCD残量表示 Type-C/Andriod/Lightning入力ポート パススルー機能搭載 二台同時充電 スマホ充電器 携帯充電器 PSE認証済 旅行/出張/緊急用必携品 停電対策 防災グッズ iPhone/iPad/Android各種対応 (ブラック)

また、屋外だとWi-Fi環境が整っていない場合も多々あります。モバイルバッテリーと合わせてポケットWi-Fiも用意しておくと、より安心して配信に集中できるでしょう。

NECプラットフォームズ Aterm モバイルルーター MP02LN SW メタリックシルバー PA-MP02LN-SW

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材⑤:2台目スマートフォン・iPad

ライブ配信に使用するためのスマートフォンとは別に、2台目のスマートフォンやタブレットも用意しておきましょう。

配信するために必須なわけではありませんが、配信しながらにして自身の順位を確認したり、Twitterなどでリスナーの反応を見たり、配信の宣伝をするなど、持っておくととても便利です。

2台持ちの費用をなるべく抑えるためにも、新たにスマートフォンをキャリア契約するよりは、iPadを用意するのがおすすめ!

2022 Apple iPad Air (Wi-Fi, 64GB) - スターライト (第5世代)

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)で歌配信・エコー・野外配信でおすすめの機材⑥:ギター

盲点かもしれませんが、歌配信をしようと思ったら音楽は必須です。

バックに音楽を流すのもいいですが、アコースティックギターなどを使って弾き語り配信をしてみるのもおすすめ。特にアコースティックギターであれば初心者でも覚えやすく扱いやすいので早めに弾き語り配信デビューできるはずです。

ヤマハ YAMAHA アコースティックギター FS SERIES ナチュラル FS820

エフェクターボードもおすすめ!

エフェクターボードとは、集音された音声を変換する機能がついた機材です。ギターなどの楽器を使った配信などの『音』を中心とした配信を行うライバーにとっては必需品とも言える機材なので、ぜひチェックしましょう!

ZOOM / G1X FOUR -純正ACアダプター付- ギター用マルチエフェクター

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)上級者向け!Web配信におすすめ機材と使用方法!

ここまできたら、あとは上級編です!

17Liveでのライブ配信に限らず、より高クオリティなライブ配信を目指すために必要な機材をまとめました。予算と相談しながら少しずつ揃えていき、プロ仕様な配信へと近づけていきましょう。

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材①:ポップブロッカー

ぜひマイクとセットで準備してほしいのが、ポップブロッカー(ポップガード)です。これがあるのとないのとでは声の入りが変わってくるので、よりリスナーにとってストレスの少ない配信をすることができ、ファンも増えるでしょう。

マイクスタンドにポップブロッカーが付属になっているタイプのものもあるので、合わせて用意するのもおすすめです。

PUDOON ショックマウント と ポップガード セット U型 金属ネット層 ウインドスクリーン ノイズ防止 振動防止 46mm-53mmのマイク対応 (ブラック) KTSOUL マイクスタンド マイクアーム ポップガード 卓上 コンデンサーマイク用 収納袋付き 収録 配信 実況

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材②:マイクアンプ

マイクからの出力音声を調整するために必要なのは、マイクアンプ(マイクプリアンプ)と呼ばれる機材。これを使うことによって、より迫力があるのに雑味のない音をつくりだすことができます

以下のマイクロフォンアンプは、17Liveのみではなく、あらゆるライブ配信やYouTube動画においても使用者が多い、定番のアンプです。扱いやすく、ユーザーが多いためネット上に使い方のコツなどがたくさん出回っているのもメリット!

audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材③:ライン入力ケーブル

マイクアンプ(マイクプリアンプ)からスマートフォンやPCに繋げるためのケーブルです。スマートフォンの音声をPCへ出力するのにも使えます。

この辺りの機材詳細や使い方などは、PCに詳しくないと扱いが難しいかもしれませんので、店員さんやライブ配信に詳しい知り合いに訊ねながら間違いのないよう揃えていくのがポイントです。

エレコム オーディオケーブル 3.5Фステレオミニプラグ - ピンプラグ×2(音声L:R) 1m [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] DH-MWR10/E

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材④:ディフューザー

照明・ライトに被せて使うディフューザーという道具があります。

ライブ配信をする際に、ただ顔を明るくしようと照明やライトを当ててしまうと、複雑な凹凸によって綺麗に照らすことができません

照明・ライトにディフューザーを被せることによって、定点的な光源が柔らかく分散し、顔を全体的に明るく照らし出してくれます。よりプロのような画面で配信することが可能になるので、余裕がある方はぜひ準備してください。

【45cm】PULUZ リング型ソフトボックス ラウンドフラッシュ撮影 近距離撮影用 ラウンドディッシュ ストロボ 円形撮影ボックス リング折り畳み式フラッシュディフューザー サイズ:45*45*16cm 丸型ソフトボックス カメラディフューザー 小型ストロボ ミニソフトボックス 人物撮影に適応 (45cm円形ソフトボックス) Neewer 15x17cm カメラ折りたたみ式ディフューザー ミニソフトボックス CN-160、CN-126とCN-216 LEDライトに対応

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑤:コンバーター

スマートフォンとPCを繋ぐのに『コンバーター』という機材が必要です。

ネット配信には欠かせない機材で、繋ぐのにHDMIケーブルを使うのもポイントのひとつ。コンバーターのみ用意しても意味がないので、接続用のケーブルも合わせて準備するようにしましょう。

Blackmagic Design 小型レコーダー UltraStudio Mini Recorder 001846 Amazonベーシック HDMIケーブル 3.0m (タイプAオス - ミニタイプCオス) ハイスピード HDMI 1.4規格

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑥:キャプチャデバイス

キャプチャデバイスとは、スマートフォンやPCに映し出された映像を録画し、データとして取り出して保存するための機材。

より高度なライブ配信を目指すなら、自身のライブ配信動画を見直して改善点を探り、次回以降の配信に活かすのも立派な仕事です。

17Liveでのライブ配信をはじめ、1台あるとゲーム実況動画なども作成できますので、持っておくと便利!

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス] DV478 I-O DATA キャプチャーボード ゲームキャプチャー HDMI PC用 USB 3.0 ゲーム実況 録画 編集ソフト付 GV-USB3/HD KanaaN HDMIスプリッター 1入力2出力 4k対応 Y-アダプタ 2160p Full UHD/ HD 1.4b 2-fach / 2-port

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑦:HDMIケーブル

一般的には、テレビとゲーム機器・レコーダー機器などを接続するためのケーブルを指す言葉ですが、前述のように、スマートフォンやPCとコンバーターを繋ぐためにも使用できるのがHDMIケーブルです。

屋外で配信することも考慮すると、より持ち運びのしやすいケーブルにしておくのは重要!

エレコム HDMI ケーブル 0.7m 4K×2K対応 スーパースリム ブラック DH-HD14SS07BK

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑧:ウェブカメラ

スマートフォンのカメラでは物足りない、と思うようになったら、ウェブカメラを使ってみましょう。

最近のウェブカメラは、安価でも画質が良いものがたくさん出ているので、予算内で好みに合うものを選ぶのが得策です。

エレコム WEBカメラ 200万画素 マイク内蔵 MAC対応 ブラック UCAM-C0220FBNBK ロジクール Webカメラ C270n ブラック HD 720P ウェブカム ストリーミング 小型 シンプル設計 ウェブカメラ 国内正規品 2年間メーカー保証

17Live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)のWeb配信用おすすめ機材⑨:クロマキー背景

『クロマキー背景』という言葉は聞きなれない人も多いと思いますが、実は身近なものなのです。ライブ配信では『ゲーム配信』をするライバーには必須アイテムとも言えるものです。ゲーム配信画面の中に自分の顔を挿入したい場合にクロマキー背景を使用します。

クロマキー背景とはクロマキー合成に用いる機材です。このクロマキー合成は、キーイングと呼ばれる切り抜き合成の一種です。特定の色の成分から映像の一部を透明にすることでそこに別の映像を合成することができる技術なのです。

このクロマキー合成における背景色には、人の肌の色と補色の関係である『ブルー』や『グリーン』が多く使用されています。身近な例で言えば、ニュースの天気予報の映像やプリクラの撮影が分かりやすいのではないでしょうか。

NEEWER 折り畳み式 リバーシブル クロマキー 背景 グリーン/ブルー 59"x79"/150cmx200cm 【並行輸入品】

17live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)の配信機材についてのQ&A

Q:iPhoneで配信を始めても良いですか?

A:はい、iPhoneで配信を始めている人はたくさんいます!

身近にある撮影機材としては、iPhoneなどのスマートフォンから配信を始めるライバーは多いので、安心してください。

映る映像のキレイさや画角、照明などの調節でリスナーの満足度を向上してファンを増やすことも望めるので、ぜひ余裕ができたときにはこだわりの機材ゲットに挑んでみましょう!

Q:Goproでのライブ配信は可能ですか?

A:可能ですが、配信するための機材を他に用意しないといけません!

Goproにはライブ配信の機能がないため、ライブ配信エンコーダーという機材で、コンテンツを取り込んで動画をライブ配信できるように変換する必要があります。

Q:ライブ配信をするには有線LANが必要ですか?

A:有線LANでなくても、無線LANを利用してライブ配信をすることが可能です!

有線LANのほうが通信状況が安定するので、配信には有線LANのほうが適しているとも言えるかもしれませんが、無線LANでも配信はできます。

配信を始めてから、通信状況に困った場合は、有線LANの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

ライブ配信でカメラ映りを良くするポイント

ライブ配信でいろいろ機材を揃えたものの、カメラ映りを良くするポイントが分かっていないと持っている機材を使いこなせないこともあります。そこで、ライブ配信でカメラ映りを良くするポイントをいくつかご紹介します!

背景に気を付ける

ライブ配信では、配信内容や映像・音声といったものも大切ですが、映像の背景にも気を付けることで更に見栄えの良い映像を届けることができます。そして、実際に背景にこだわるライバーも増えているのです。

例えば、自身の部屋からライブ配信を行うときには背景で映り込む範囲について片付けをする人は多いと思います。加えて、おしゃれに見えるようにインテリアにこだわるのも効果的です。

ライバーの個性を示すような背景を用いることでリスナーにも親近感を持ってもらいやすくなりますし、こだわりを言葉だけではなく画面で直接伝えることができるのです。

初めは、他のいろいろなライバーの配信で映っている背景に着目して視聴し、参考にするとより良いイメージを手に入れましょう!

明るさに気を付ける

一般家庭の照明は生活することに合わせて作られているものなので、撮影スタジオなどのように明るい照明ではないことが多く、ライブ配信で明るさが足りないという課題がよく発生します。

明るさが足りないと全体的に暗い印象の配信となってしまうので、あまりリスナーに良い印象を与えることができないのです。

そのため、日中であれば明るい窓際で撮影したり、夜であれば照明が当たりやすいところで撮影に臨みましょう。リングライトや他の照明機材を使うことも念頭に置いて準備を整えていきましょう!

画角に気を付ける

安いものでも良いので、三脚を用いるようにしましょう。ただ、ミニ三脚だと高さが足りず、少し下から自分を撮影することになる場合があります。この場合、目線が下がったり、覗き込むような体制での撮影になってしまうので、暗い表情に見えてしまうという恐れがあります。

カメラのレンズは目線よりも上になるように工夫して設置しましょう。伸縮可能な三脚であれば、場所による撮影の角度や高さの調節が容易になるので、おすすめです。

17live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)ライブ配信おすすめ機材・使用方法まとめ!

17Liveでライブ配信をする際の、最低限必要な機材から、より高クオリティな配信をする際のおすすめ機材まで、一挙に網羅し紹介しました。

あなたのライブ配信にたくさんの固定リスナーがつきますように!

【管理人からお知らせ】 初心者でも「公式ライバー」として自宅で月収50万円稼ぐ方法

「公式ライバー」「公式ライバー事務所」と行っても、イマイチ「ピン」と来ませんよね? イチナナをはじめとする人気ライブ配信アプリは、実は「公式事務所」という芸能事務所と提携をして、タレント(ライバー)さんをマネージメントしていいます。 そして、公式事事務所に所属しているライバーさんは、ライブ配信アプリの中で「公式ライバー」と呼ばれ、特別な扱いを受けることができます! ※プロフィール欄にチェックマークが付与されているので、一目で分かります。 公式ライバーは、プロフィール欄にチェックマークが付されているので、一目で分かります。後述しますが、公式ライバーになると、一般ライバーと比較して、様々なメリットが受けられます! 一番ピンと来るのは、報酬です。 公式ライバーならではの報酬体型があり、週2〜3日で月収50万円から、数百万円まで、稼いでいる方も少なくありません。 「ライバーさんを応援する」という目的で運営している、本ブログの一番のオススメの事務所は「ライバークリエイト」さんです!
初心者でも足切りをせずに丁寧に対応とサポートをしてくれて安心! ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い ・TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり! ・所属ライバーのインスタ公式アカウントが1万フォロワー以上 ・女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバなどが担当マネージャーが経験豊富 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング! プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定している! ・イチナナライブの認定!渋谷区恵比寿に事務所あり! ・イチナナ以外も、Pocochaなど大手のライブ配信アプリは網羅! ・Popteenなどの有名雑誌にも掲載
という「信頼性」が特徴の、公式ライバー事務所になります! 少しでもライバーに興味のある方は、以下の公式ラインで気軽に相談すると、優しく相談にのってくれますよ♪ line_contents

上記ロゴをタップすると公式LINEに移ります。PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取ってみてください。

詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください! 【イチナナ】オススメの公式ライバー事務所は?選び方のポイントは?