Pococha(ポコチャ)

Pococha(ポコチャ)の闇とは?噂・闇投げなど気になる情報を解説!

近年、YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツに触れる機会が増えるようになり、リアルタイムに生配信を行ったり、生配信を視聴したりする人が増えています。

特にリアルタイムの配信に特化したプラットフォームとして登場し、ユーザー数を急速に伸ばしているのがいわゆるライブ配信アプリです。ライブ配信アプリには様々な種類があり、国内ではPococha(ポコチャ)や17live(ワンセブンライブ/イチナナ)などが人気を集めています。

そんなライブ配信アプリですが、SNSや匿名掲示板上では闇深い噂が飛び交うことも。この記事では、数あるライブ配信アプリの中でもPococha(ポコチャ)にまつわる黒い噂やアプリ内で『闇投げ』といわれる行為について解説します。

\あなたにオススメ/
初心者でも高収入ライバーを目指せる!人気の優良ライバー事務所は?

ライブ配信応援ナビの管理人は、数多くのライバー芸能事務所を比較検討した結果、ライブ配信特化型の芸能事務所「ライバークリエイトさん」に完全無料で所属することをオススメしています。

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

Pococha(ポコチャ)の闇についての噂

Pococha(ポコチャ)は、スマホ1台さえあれば手軽にライブ配信を行うことができ、国内での知名度が高い人気のライブ配信アプリです。

しかし、ときには良くない噂を耳にすることもあります。Pococha(ポコチャ)について気になっている方やすでに利用している方にとって、どんな噂があるのか気になりますよね?

ここでは、Pococha(ポコチャ)の闇に関する噂にはどんな内容のものがあるのかご紹介します。

出会い厨がいる

Pococha(ポコチャ)にまつわる闇深い噂のひとつ目は出会い厨がいるということです。

Pococha(ポコチャ)では、ライバーが基本的に顔出しでライブ配信をして、配信を見に来た視聴者とコミュニケーションをとります。人気のライバーや今はそうでないライバーも基本的には魅力的で容姿端麗なため、どうにかして個人情報を聞き出せないかと考えるユーザーも中にはいるようです。

オフ会のようなイベントならまだしも、ライバーとリスナーが個人的につながりを持つとトラブルに発展するケースが想定されるため、Pococha(ポコチャ)では出会い目的での利用や、個人情報のやりとりが禁止行為とされています。

公式で禁止行為として取り扱われているので、通常にアプリを利用している範囲では当該行為をあまり見かける機会は多くありませんが、もし見つけたら通報機能を利用してみんなが安心して利用できるようにしましょう。

また、Pococha(ポコチャ)以外のTwitterやInstagram等のSNSを通じてコンタクトを取ろうとする人もいることが考えられます。このような行為もトラブルに発展する可能性があるのでライバーの方はDMを開放しない方が賢明かもしれませんね。

誹謗中傷がある

ネット上で活動したり、各メディアで露出が多くなったときに誹謗中傷されるということが時には起こりますが、それはPococha(ポコチャ)も例外ではないという噂があります。

当然こういった行為は許されることでなく、Pococha(ポコチャ)でもアカウントの停止処分など厳しい対応をとっています。筆者がアプリを利用している範囲ではそのような誹謗中傷のコメントを見たことはありませんが、もし見かけたら通報機能を活用しましょう。

また、Pococha(ポコチャ)のアプリ内で直接誹謗中傷を受けることは稀だと思いますが、匿名掲示板などで誹謗中傷する内容が書き込まれるということも想定されます。
内容によっては名誉毀損罪や侮辱罪に該当することもあるので、不利益を被ったり、身の危険を感じたときには警察などに相談しましょう。

不具合が多い

Pococha(ポコチャ)に関する良くない噂として『不具合が多い』という意見も耳にすることがあります

サーバーに負荷がかかった際にサーバーダウンしてしまうことやアップデートによって一部の機能が正常に利用できないといった不具合が起こることは、どのアプリにも共通していえることでPococha(ポコチャ)も例外ではありません。Pococha(ポコチャ)のアプリに関する低い評価のレビューの中には『アプリが頻繁に落ちる』『ログインできなくなった』といったレビューも散見されます。

これについては、今後の改善を期待したいですね。

Pococha(ポコチャ)を辞めたいライバーが続出する理由

Pococha(ポコチャ)の闇として挙げられるトピックで『多くのライバーが辞めてしまう』というのも外せません。

Pococha(ポコチャ)は特別な機材を用意しなくてもスマホ1台でライブ配信を行うことができるため、参入障壁が低いのが特徴のライブ配信アプリ。どの時間帯でもたくさんのライブ配信が行われていますが、ライバー活動を続けられない人が多いのも事実です。

ここでは、Pococha(ポコチャ)でライバー活動を辞めたいライバーが続出してしまう理由について解説します。

報酬額に限界がある

ライブ配信アプリとして多くのタイトルがリリースされていますが、そのほとんどがライバーの報酬制度として『投げ銭機能』を搭載しています。

そんな状況のなか、Pococha(ポコチャ)はライブ配信を行った時間に応じて報酬が支払われる『時間報酬制』を採用しているという点で珍しいライブ配信アプリです。

これはライバー活動を始めたばかりで、投げ銭をあまりしてもらえないライバーでも収入を得られるという点ではとても魅力的でしょう。

その反面、投げ銭による増収を見込めないので収入に限界があるのも事実です。Pococha(ポコチャ)で最高ランクを維持しているライバーで時間当たり5,500円相当、ランキング1位を取れて16,500円相当の『時間ダイヤ』を獲得できます。

Pococha(ポコチャ)の時間報酬は月に75時間分までしか受け取れないので、毎回ランキング1位を維持し続けても最高月収が約124万円ということになります。

この他に配信の盛り上がりに応じたボーナスを含めて想定されるPococha(ポコチャ)での最高月収は200万円程度でしょう。十分すぎる金額ではありますが、他のライブ配信アプリでトップライバーとして活躍しているライバーの月収が、場合によっては1,000万円を超えることもあるということを踏まえると不満に思うライバーもいるようです。

時給が安すぎる

Pococha(ポコチャ)で報酬額を大きくするには、ライバーに設定された『応援ランク』というステータスを上げることが重要です。『応援ランク』とは、ライバーのレベルのようなもので、最初は全員がE1ランクからスタートして最高でS6ランクまでランクを上げることができ、ランクによって時間当たりの報酬額も大きく異なります。

E1ランクにも時間当たりの報酬が設定されているので配信を始めたその日から報酬を得られるというのは魅力ですが、E1ランクの配信1時間当たりに獲得できる報酬は30円相当の時間ダイヤと非常に少ない時給からのスタートというのが現実です。

『応援ランク』は配信の視聴数やコメント数、アイテム使用のコイン数などの配信の盛り上がり度合いに応じて『応援ポイント』が算出され、日々変動します。

順調に『応援ランク』を上げていきB帯やA帯に到達できれば、副収入としては十分な額になりますが、ライバー活動がなかなか軌道に乗らずに辞めてしまうライバーも少なくないようです。

毎日の配信がつらい

Pococha(ポコチャ)で人気のライバーを目指すには毎日配信を行うことが重要です。

Pococha(ポコチャ)の『応援ランク』のランクアップ・ダウンに関わる『応援ポイント』は毎日集計されます。同じランク帯の中で『応援ポイント』の数値でランキングがつけられ、上位になると『ランクメーター』上昇し、メーターが一定レベルを超えるとランクが上がります。配信を休む日を作ってしまうと『応援ポイント』を得られないためランクメーターが下がり、ランクダウンに近づいてしまいます。

高ランク帯に到達できてもランクを維持するためには、ほぼ毎日配信をしないといけないので、それが苦になって辞めてしまうライバーも少なくありません。

ランク争いがつらい

Pococha(ポコチャ)でのライバーの収入は良くも悪くも『応援ランク』に大きく左右されるため、同じランク帯のライバーはみなライバルということになります。

人気のライバーと配信時間がかぶってしまい、視聴者数が伸び悩んだり、アイテム使用が普段より少なかったりするとライバルの存在がちらついて自分が本来やりたいように配信ができないと悩むライバーも少なくありません。

Pococha(ポコチャ)は、ライバー同士よりもリスナーとのコミュニケーションを優先してもらいたいという理念からコラボ配信の機能が実装されていないこともあって、ライバー同士で仲間意識というよりもライバル意識を感じてしまう方も多いようです。

Pococha(ポコチャ)を続けたくなくなったら?

Pococha(ポコチャ)は手軽にライブ配信を行って、ライバーとリスナーがコミュニケーションをとれる楽しいアプリですが、結果を追求し過ぎたりして疲れてしまい、辞めてしまいたくなった時にはどうしたら良いのでしょうか?

ここではそんなときの対処法について、いくつか提案していきます。

リスナーやファミリー、所属事務所に相談する

Pococha(ポコチャ)を続けるのが辛くなった場合には、普段から応援してくれているリスナーや自分を応援してくれているファミリーのメンバーに相談してみるのも良いでしょう。

いきなりやめてしまうと、自分を応援してくれている方々にも心配をかけてしまいますので、信頼のおけるメンバーに相談するというのも検討してみてください。

また、事務所所属のライバーは事務所のマネージャーさんに必ず相談しましょう。契約の都合にもよりますが、親身になってアドバイスをしてもらえますよ。

他の配信アプリを利用する

Pococha(ポコチャ)のシステムや機能に不満があるという場合は、他の配信アプリに移るというのもひとつの手です。

ついてきてくれるファンの人数は一時的に減ってしまうかもしれませんが、無理をしないで楽しく活動を続けるのを優先しましょう。

なお、事務所に所属している場合は利用できるライブ配信アプリに制限がある可能性があるので、必ず確認してくださいね。

Pococha(ポコチャ)の闇投げとは?

Pococha(ポコチャ)を利用していると『闇投げ』という用語を目にしたことはありませんか?Pococha(ポコチャ)では『闇投げ』という単語を含む配信タイトルやハッシュタグも多くみられます。場合によっては、配信中のコメントで目にすることもあるでしょう。

Pococha(ポコチャ)で『闇投げ』というと、配信者が離席中にアイテムを使用する行為を指した用語のことです。

配信中にアイテムを使用すると派手なエフェクトが表示されて配信が盛り上がりますが、ライバーがコメントを読み上げてリスナーと会話している途中などの場合、アイテムの使用によって配信の流れを遮ってしまうことがあります。このようなことを防ぐためにライバーがトイレなどで離席するタイミングにあえてアイテム使用を大量にするという文化がPococha(ポコチャ)にはあるのです。

闇投げをして欲しいライバーであればプロフィール欄に記載しておいたり、離席の際に闇投げを促したりすることで『闇投げOKな雰囲気』を作ってあげると効果的ですよ!

しかし、ライバーが気付かないところでアイテム使用が飛び交うことに不快感を抱くリスナーもいます。また、闇投げをされてしまうとアイテム使用に対してしっかりとお礼ができないというデメリットもあります。

闇投げを禁止している配信者もいるので、闇投げされたくない場合にはハッシュタグやプロフィール欄に記載しておきましょう。

Pococha(ポコチャ)の闇まとめ

Pococha(ポコチャ)は国内でリリースされているライブ配信アプリの中でも人気のアプリですが、闇深い噂もあるようです。あくまで噂なので自分に直接関係してくることは少ないと思いますが、念頭に置いて無理なく活動を続けましょう。

なお、ライバー事務所に所属することでライバー活動でのお悩みやトラブルに関するサポートを受けることもできます。ライバー活動をバリバリ頑張っていきたいという方にはライバー事務所に所属するのもオススメなのでぜひ検討してみてくださいね!

Pococha(ポコチャ)人気ライバー事務所を徹底比較! 初心者でもしっかりサポートしてくれるおすすめライバー事務所は?

【管理人からお知らせ】 初心者でも「公式ライバー」として自宅で月収50万円稼ぐ方法

「公式ライバー」「公式ライバー事務所」と行っても、イマイチ「ピン」と来ませんよね?
Pococha(ポコチャ)、17Live(ワンセブンライブ/イチナナ)をはじめとする人気ライブ配信アプリは、実は「公式事務所」という芸能事務所と提携をして、タレント(ライバー)さんをマネージメントしていいます。

そして、公式事事務所に所属しているライバーさんは、ライブ配信アプリの中で「公式ライバー」と呼ばれ、特別な扱いを受けることができます!※プロフィール欄にチェックマークが付与されているので、一目で分かります。

公式ライバーは、プロフィール欄にチェックマークが付されているので、一目で分かります。後述しますが、公式ライバーになると、一般ライバーと比較して、様々なメリットが受けられます! 一番ピンと来るのは、報酬です。 公式ライバーならではの報酬体型があり、週2〜3日で月収50万円から、数百万円まで、稼いでいる方も少なくありません

「ライバーさんを応援する」という目的で運営している、本ブログの一番のオススメの事務所は「ライバークリエイト」さんです!

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください! 【イチナナ】オススメの公式ライバー事務所は?選び方のポイントは?