Pococha(ポコチャ)

Pococha(ポコチャ)の運営会社DeNAとは?安心なのか徹底解説!

近年、YouTubeやTikTokといった動画媒体のコンテンツを誰もが楽しめるようになり、リアルタイムにライブ配信を行うスタイルで活躍している活動者も増えています。そんな中でリアルタイムの生配信を行って、配信者と視聴者がコミュニケーションを楽しむ『ライブ配信アプリ』といわれるプラットフォームも続々とリリースされ、ライブ配信アプリ発のインフルエンサーも登場しました。

2022年現在、数多くのライブ配信アプリがリリースされていますが、中でも日本国内において抜群の知名度を誇るのが『Pococha(ポコチャ)』ではないでしょうか?YouTube広告などでも見かける機会が多く、ライブ配信アプリというと真っ先にPococha(ポコチャ)が思いつくという方も少なくありません。

そんな人気ライブ配信アプリのPococha(ポコチャ)の運営を担っている会社が『株式会社ディー・エヌ・エー(英文名 DeNA Co., Ltd.)です。日本のプロ野球団『横浜DeNAベイスターズ』の運営母体としての知名度が高い同社ですが、インターネットサービス事業を広く展開している超大手のIT企業でもあります。

ライブ配信アプリを利用するにあたって気になることのひとつにサポートの手厚さやアプリの安全性もあるでしょう。この記事では『Pococha(ポコチャ)の運営会社であるDeNAってどんな企業なの?』『Pococha(ポコチャ)って危険じゃない?』という方に向けて、運営会社である株式会社ディー・エヌ・エーの概要とPococha(ポコチャ)の安全性について解説します。

Pococha(ポコチャ)を利用するにあたって、安全性が気になるという方はぜひ参考にしてみてください。

\あなたにオススメ/
初心者でも高収入ライバーを目指せる!人気の優良ライバー事務所は?

ライブ配信応援ナビの管理人は、数多くのライバー芸能事務所を比較検討した結果、ライブ配信特化型の芸能事務所「ライバークリエイトさん」に完全無料で所属することをオススメしています。

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

Pococha(ポコチャ)の運営会社DeNAとは?

Pococha(ポコチャ)の運営は、国内の超大手インターネットサービス企業である株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA Co., Ltd.)が担っています。

会社概要については、以下のとおりです。

商号株式会社ディー・エヌ・エー(英文名 DeNA Co., Ltd.)
所在地東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア40F
設立年月日1999年3月4日
資本金103億97百万円 (2021年3月末時点)
役員代表取締役会長 南場 智子
代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
従業員数連結:2,100名(単体:1,251名)(2021年3月末時点)
公開株式市場東京証券取引所・市場第一部
決算期毎年3月31日

創業は1999年で、元々はインターネットのオークションサイトを運営する会社として事業をスタートさせました。

その後、携帯電話向けのポータルサイト兼SNSとして『モバゲータウン(現Mobage)』をリリースし、2010年代に入るとスマートフォンアプリやスポーツチームの運営を手掛けるなど順調に事業規模を拡大しています。

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)の事業について

怪しい企業がライブ配信アプリの運営していると『取得した個人情報を悪用されるんじゃ?』『サポートの質が悪そう』と不安になってしまいますよね。それではPococha(ポコチャ)の運営会社である株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は、具体的にどんな事業を行っている会社なのでしょうか?

ここでは、Pococha(ポコチャ)運営のDeNAがどのようなサービスに関わってきた会社なのかをご紹介します。

ライブコミュニケーションアプリ事業

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)からは、Pococha(ポコチャ)のみならず、特徴の違う複数のライブ配信アプリがリリースされています。

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)がはじめに手掛けたライブ配信アプリは2013年にリリースされたSHOWROOM(ショールーム)です。68万部を超えるベストセラーとなった著書『メモの魔力 The Magic of Memos』で知られる前田裕二氏が現在の運営会社の社長を務めていることからご存知の方も多いかと思います。

2015年のスマホゲームの実況配信に特化したライブ配信アプリMirrativ(ミラティブ)を経て、2017年1月10日にリリースされたのがPococha(ポコチャ)です。現在ではバーチャルライバーの配信に特化したIRIAM(イリアム)の運営も同時に行っており、これらの事業の軌跡からライブ配信アプリというプラットフォームでの運営において、国内では圧倒的なノウハウを蓄積している企業といえるでしょう。

SNSサイト運営

株式会社ディー・エヌ・エーはSNSサイトとしての側面を持つ携帯電話用ゲームサイト『Mobage(旧モバゲータウン』の生みの親でもあります。TwitterやInstagramといったSNSが全盛となる以前はmixi(ミクシィ)やGREE(グリー)とともに一時代を築いたといえるサイトであったため、利用経験のある方も多いのではないでしょうか?

SNS黎明期にはMobage(旧モバゲータウン)に限らず、SNSサイトを通して知り合った者同士のトラブルが社会的に問題視されることもありました。そういった時期を経て健全化を図ってきた経緯もあり、2011年以降は大きな問題なく運営されているようです。

これらのノウハウもPococha(ポコチャ)をはじめとするライブ配信アプリの運営に活かされていそうですね!

スマホゲームの開発

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は2015年以降にスマホゲームの開発にも注力しています。2015年の3月17日に任天堂とゲームアプリ分野での業務提携が発表されて以降、『メギド72』『ポケモンマスターズ EX』『マリオカート ツアー』『DUEL MASTERS PLAY’S(デュエル・マスターズ プレイス)』といったビッグタイトルの開発・運営に関わっており、アプリのレビューもおおむね好評です。

特にスマホゲームにおいては、運営の質がユーザー満足度に与える影響が大きいことを踏まえると同社が様々なプラットフォームの運営で優れた結果を残していることがうかがい知れます。

その他スマートフォン向けのゲームをPCで利用できる『AndApp(アンドアップ)』というプラットフォームも提供しています。スマホ端末のストレージ残量や性能がボトルネックとなり、満足に興味のあるスマホアプリをプレイできないユーザーにとってはありがたいサービスですね。

スポーツチームの運営

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)といえば、NPB球団の『横浜DeNAベイスターズ』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は野球だけでなく、バスケットボールチーム『川崎ブレイブサンダース』や陸上競技において世界での活躍を目指す選手が所属している『DeNAアスレティックスエリート』の運営も行うなど、スポーツを通しての社会貢献にも力を入れています

これらの事業の他にも様々な領域で株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)の関連企業が事業展開をしているので、知らず知らずのうちにお世話になっているかもしれませんよ。

Pococha(ポコチャ)は安全に利用できる?

Pococha(ポコチャ)の運営会社は規模も大きく、安定した運営ができる自力がある企業ですが、実際にPococha(ポコチャ)では安全性の確保のためにどのような対策がなされているのでしょうか?

ライブ配信アプリでは、配信を通して配信者と視聴者がコミュニケーションを取れるという性質上、誹謗中傷や児童被害のリスクが伴います。

ここではPococha(ポコチャ)が安心して利用できるのか?その安全対策について紹介していきます。

青少年保護の取り組み

Pococha(ポコチャ)では未成年者や児童の被害を防止する観点から厳格な年齢制限が設けられています。2021年1月からは長期的なアプリの健全性を向上させるため、18歳未満は一切利用できなくなりました。アカウント登録時には生年月日の入力が求められ、20歳未満のユーザーであれば、保護者または親権者の同意が必要となり、18歳未満のユーザーは利用を開始できません。

Pococha_年齢制限

また、18歳以上のユーザーが登録を行ったアカウントの権限を18歳未満のユーザーに譲渡したり、18歳未満の方がメインで映り込むような配信も禁止されています。アカウントの登録時に生年月日を偽って登録している疑いがある場合には年齢確認を行うこともあるそうです。

さらに配信時間や課金額についても年齢によって制限が設けられています。18際のユーザーは夜22時から朝5時の時間帯で配信機能が制限され、20歳未満のユーザーは月の課金額の上限が1万円に設定されています。

Pococha_制限画像元:Pococha(ポコチャ)公式ヘルプより

かなり厳格な年齢による制限があるのでPococha(ポコチャ)の未成年者の利用については、しっかりとした安全対策がなされているといえそうです。

誹謗中傷やトラブルの防止

ライブ配信アプリに限らず、インターネット上のプラットフォームには誹謗中傷やそれによるトラブルの危険性が潜んでいます。

Pococha(ポコチャ)ではそういった問題についても公式で禁止行為に指定しており、誹謗中傷を行ったユーザーに対する利用制限措置や他のユーザーを誹謗中傷から保護するための機能が備わっています。

Pococha(ポコチャ)における誹謗中傷・トラブル防止の対策のひとつが、配信の監視です。Pococha(ポコチャ)のライブ配信では、運営会社であるDeNAのカスタマーサポートが24時間体制で配信を監視しており、違反行為があったり迷惑行為を繰り返すユーザーを取り締まっています。

また、Pococha(ポコチャ)にはNGワード機能も備わっており、誹謗中傷にあたる言葉やわいせつな表現の言葉を含むコメントがフィルタリングされ、他のユーザーが不快に思うようなコメントを未然に防ぐ仕組みになっているようです。

さらにPococha(ポコチャ)では、ユーザー自身によるコメント禁止やブロック・通報の機能も実装されています。NGワード機能や監視をすり抜けて悪質な行為をするユーザーについては直接対処できるようにもなっているので安心して利用できますね!

著作権・肖像権侵害の対策

リアルタイムにライブ配信を行うにあたっては意図せずに著作権や肖像権といった権利を侵害してしまうこともあります。

例えば、著作権の中には演奏権という支分権があり、著作権者は「公衆に直接聞かせることを目的として音楽の著作物を演奏する行為」を占有する権利を有しています。つまり、配信などで弾き語りを行うなどの行為は本来著作権者に許諾をとる必要があるのです。

日本の著作権管理団体というとJASRACとNexToneが代表的ですが、Pococha(ポコチャ)ではこれらの団体の登録楽曲を「アカペラ」「弾き語り」「歌詞の朗読」で利用したときに利用申請の代行を行ってくれます。

また、Pococha(ポコチャ)にはカラオケ機能が実装されており、約1万曲から好きな曲を歌えるなど、著作物の取り扱いについても配慮がなされたシステムが導入されているので安心です。

Pococha(ポコチャ)ルールブックとは?

Pococha(ポコチャ)では、ここまでで紹介した安全のための取り組みを含む『ルールブック』が作成されています。

これは、Pococha(ポコチャ)を利用するすべてのユーザーが安心してアプリを楽しめるように作成されたもので、Pococha(ポコチャ)における禁止事項の一覧と禁止行為を見かけたり、被害にあう危険性を感じたりしたときの対処法などが網羅的に示されているので、一度目を通してみると良いでしょう!

Pococha(ポコチャ)が安心して利用できるライブ配信アプリであることが分かるかと思います。

Pococha(ポコチャ)ルールブック

Pococha(ポコチャ)の運営会社・安全性まとめ

大人気ライブ配信アプリPococha(ポコチャ)の運営は、国内の超大手インターネット関連企業『株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)』が担っており、手厚いサポ-ト体制が整っているので安心して利用できるアプリです。

すべてのユーザーが快適にアプリを利用するためのルールブックが設けられているので、不安なことがあった場合には目を通してみて対処すると良いでしょう。

また、ライバーとして活動するときにトラブルを防止するための手段としてライバー事務所に所属するというのもおすすめです。

気になる方はぜひ以下の記事も読んでみてくださいね。

Pococha(ポコチャ)人気ライバー事務所を徹底比較! 初心者でもしっかりサポートしてくれるおすすめライバー事務所は?

【管理人からお知らせ】 初心者でも「公式ライバー」として自宅で月収50万円稼ぐ方法

「公式ライバー」「公式ライバー事務所」と行っても、イマイチ「ピン」と来ませんよね?
Pococha(ポコチャ)、17Live(ワンセブンライブ/イチナナ)をはじめとする人気ライブ配信アプリは、実は「公式事務所」という芸能事務所と提携をして、タレント(ライバー)さんをマネージメントしていいます。

そして、公式事事務所に所属しているライバーさんは、ライブ配信アプリの中で「公式ライバー」と呼ばれ、特別な扱いを受けることができます!※プロフィール欄にチェックマークが付与されているので、一目で分かります。

公式ライバーは、プロフィール欄にチェックマークが付されているので、一目で分かります。後述しますが、公式ライバーになると、一般ライバーと比較して、様々なメリットが受けられます! 一番ピンと来るのは、報酬です。 公式ライバーならではの報酬体型があり、週2〜3日で月収50万円から、数百万円まで、稼いでいる方も少なくありません

「ライバーさんを応援する」という目的で運営している、本ブログの一番のオススメの事務所は「ライバークリエイト」さんです!

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください! 【イチナナ】オススメの公式ライバー事務所は?選び方のポイントは?