Pococha(ポコチャ)

Pococha(ポコチャ)のユーザー数は?他アプリと徹底比較!

『最近よく耳にするライブ配信アプリ。いったいどのアプリが人気なの?』『ライブ配信をしてみたいけど、ユーザー数の多いプラットフォームで活動したい』

そんな風にお考えではありませんか?

2000年代に『ニコニコ生放送』をはじめ、いわゆるライブ動画配信プラットフォームが登場して久しいですが、2010年代後半になると幅広い年齢層にスマートフォンが普及し、次世代通信技術『5G』も登場するといった背景もあり、『ライブ配信アプリ』が非常に身近なものとなりました。

ライブ配信アプリを利用するにあたって、気になることのひとつとして『ユーザー数の多さ』が挙げられます。

ユーザー数の多さは、そのライブ配信アプリの機能性の良さや人気をあらわす指標とも捉えることができ、リスナー(視聴者)として利用するにしろ、ライバー(配信者)として活動するにしろ確認しておきたいことでしょう。

この記事では、数あるライブ配信アプリの中でも日本で高い知名度を誇る『Pococha(ポコチャ)』のユーザー数について、他のアプリと比較しながらお伝えします

『ライブ配信アプリの中でもPococha(ポコチャ)が気になる』という方や『ユーザー数の多い人気のアプリを調べたい』という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\あなたにオススメ/
初心者でも高収入ライバーを目指せる!人気の優良ライバー事務所は?

ライブ配信応援ナビの管理人は、数多くのライバー芸能事務所を比較検討した結果、ライブ配信特化型の芸能事務所「ライバークリエイトさん」に完全無料で所属することをオススメしています。

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

【2022年最新】Pococha(ポコチャ)のユーザー数は?

気になるPococha(ポコチャ)のユーザー数ですが、アプリの累計ダウンロード数から推定されるユーザー数は255万人以上となっています。

Pococha(ポコチャ)は、2017年にリリースされた日本国内発祥のライブ配信アプリで国内の超大手IT企業である『株式会社ディー・エヌ・エー(以下、「DeNA」)』が運営しているため、ユーザーは日本人の割合が非常に大きいのが特徴です。

2020年12月には220万だったPococha(ポコチャ)のアプリダウンロード数は、2021年3月末には255万を達成しており、Pococha(ポコチャ)のユーザー数が右肩上がりで増え続けていることがうかがえます。

また、Pococha(ポコチャ)は、2021年第1四半期にDeNAが計上したライブストーミング事業の売上57億円の7割を稼いでおり、2021年3月期決算における同社のライブストーミング事業は大幅な黒字転換を果たしています。

業績の好調につき、2021年度以降に広告を見かける機会も増えたと実感している方も多いのではないでしょうか?

2021年の5月には米国でのサービスも開始されており、今後は世界規模に展開してユーザー数を増やすことが予想されるため、今から利用を開始しても遅くはないでしょう。

各ライブ配信アプリのユーザー数を徹底比較

Pococha(ポコチャ)のユーザー数は、国内を中心に推定255万人以上となっていますが、その他のライブ配信アプリではどうなのでしょうか?

当サイトでは、2022年1月現在におけるアプリのダウンロード数から推定される主要なライブ配信アプリのユーザー数を調査しました。

その調査結果については、以下の表のとおりです。

アプリ名推定ユーザー数
Pococha(ポコチャ)255万人以上
BIGO LIVE(ビゴライブ)4億人以上
17live(ワンセブンライブ/イチナナ)5,000万人以上
ツイキャス3,000万人以上
LINE LIVE(ラインライブ)500万人以上
SHOWROOM(ショールーム)570万人以上
Mirrativ(ミラティブ)1,000万人以上
IRIAM(イリアム)500万人以上
ふわっち50万人以上
HAKUNA(ハクナ)500万人以上

(2022年1月調べ)

これらのアプリは配信されている地域や対応言語も異なります。また、あくまでもダウンロード数からの推定ユーザー数になりますので、実際にアクティブなユーザーの多さ・盛り上がりの実感については、数字ほどの差はありません

『積極的に利用したいアプリを検討するための参考にしたい』という方は、ユーザー数以外にも各アプリの機能の特徴を踏まえて比較検討してみると良いでしょう。

ここからは、主要なライブ配信アプリのユーザー数とともに各ライブ配信アプリの特徴についてご紹介します。

圧倒的なユーザー数のBIGO LIVE(ビゴライブ)

まず、圧倒的なユーザー数の多さを誇っているライブ配信アプリは『BIGO LIVE(ビゴライブ)』です。

BIGO LIVE(ビゴライブ)は、2016年3月にモバイルアプリから開始されたシンガポール発のライブ配信アプリで全世界150の国と地域で人気を博しています。

日本では2019年にサービスが開始されており、国内のユーザーの増えていますが、メインのユーザー層は東南アジアをはじめとする海外ユーザーです。

機能面の特徴としては、動画上にコメントが流れる弾幕機能が実装されていることが挙げられます。弾幕コメントによる演出もできるので、こういった機能に馴染みのある方にはおすすめですよ。

また、BIGO LIVE(ビゴライブ)はPCでの視聴にも対応している他、ゲーム配信もできるなど、配信の自由度が高いのも特徴です。

世界中で圧倒的なシェアを誇っているので、魅力的なライバーを見つけることも、ライバーとして人気者になることも可能でしょう。英語が得意な方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

国内でも人気の17live(ワンセブンライブ/イチナナ)

17live(ワンセブンライブ/イチナナ)は、台湾初のライブ配信アプリで世界中で5,000万人以上のユーザーがいます。

世界規模のアプリという点では、BIGO LIVE(ビゴライブ)と共通ですが、17live(ワンセブンライブ/イチナナ)には日本人のユーザーが非常に多いのが特徴です。

配信内容の自由度も高く、顔出ししない『ラジオ配信』やOBSを利用しての『ゲーム配信』にも対応しています。

また、ライブ配信内でのコミュニケーションに関する機能が豊富で手軽に挨拶をかわせるのも17live(ワンセブンライブ/イチナナ)の魅力でしょう。

なお、17live(ワンセブンライブ/イチナナ)の収益は基本的にはリスナー(視聴者)からの『ギフト(投げ銭)』によって決定されます。

17live(ワンセブンライブ/イチナナ)には『ギフター』と呼ばれる高額の投げ銭を行うユーザーが存在し、そういったファンを獲得することで月に数百万円稼ぐトップライバーもいるなど、非常に夢のあるライブ配信アプリです。

還元率の良いツイキャス

ツイキャスは、2010年からサービスが開始された比較的歴史のあるライブ配信プラットフォームです。

TwitterなどのSNSアカウントでログインできるなど、利用のハードルが低く日本の20代の若者を中心に多くのユーザーが利用しています。

各種SNSとの連携のしやすさも相まって、他のプラットフォームですでに人気のあるインフルエンサーが始めやすいライブ配信アプリといえます。

また、ツイキャスの特徴のひとつは投げ銭の還元率が高いことです。他のライブ配信アプリの還元率が10%~50%である中、ツイキャスの還元率は70%といわれています。

収益化には条件がありますが、メンバーシップによる報酬システムも整備されているなど、すでに多くのファンを抱えている人にとっては稼ぎやすいプラットフォームですよ。

PCからの配信もできるので、雑談配信からゲーム配信まで配信内容の自由度も高いというのも人気の理由となっています。

Pococha(ポコチャ)の特徴・魅力とは?

ライブ配信アプリは、それぞれで機能の特徴が異なるためユーザー層も違ってきます。そのため、自分に合ったライブ配信アプリを利用するためには、各アプリの特徴を把握しておくと良いでしょう。

国内ユーザーが多いPococha(ポコチャ)ですが、その機能面の特徴はどういったものなのでしょうか。

ここでは、他のライブ配信アプリと比較してPococha(ポコチャ)にはどういった特徴があるのか、その魅力をご紹介します

使いやすいユーザーインターフェースが好評

Pococha(ポコチャ)の特徴として、まず詳しいチュートリアルがなくてもライブ配信の視聴を楽しめるユーザーインターフェースの良さが挙げられます。

ライブ配信アプリでは、それぞれのアプリで使われる用語や文化が異なるので使いやすさは重要な評価ポイントです。

その点、Pococha(ポコチャ)は2020年度のグッドデザイン賞に輝くなど、UI/UXデザインに優れています。

Pococha(ポコチャ)のアプリにログインすると『注目』タブのタイムラインが表示され、その画面で気になる配信枠を選んですぐに視聴することができます。

『注目』タブのタイムラインはユーザーごとにカスタマイズされており、自分の利用傾向に合った配信内容のライバーをPococha(ポコチャ)独自のアルゴリズムによっておすすめしてくれるので、簡単に推しのライバーと出会えます

配信画面で各機能にアクセスするためのアイコンも分かりやすく、迷うことなく利用することができるでしょう。

時間報酬制採用で収益化がカンタン

Pococha(ポコチャ)の最大の特徴といえるのが、『時間報酬制』による収益化のシステムです。

ライブ配信アプリというと、リスナーが有料のアイテムを購入してライバーに贈るいわゆる『投げ銭』による収益化のシステムが一般的でしょう。

しかし、Pococha(ポコチャ)なら配信時間に応じて報酬が支払われる『時間ダイヤ』による収益化システムが採用されているので、ライブ配信活動を始めてから収入を得るまでのハードルが非常に低くなっています。

単位時間当たりの収入額はライバーの『応援ランク』によって変動します。毎日の活動に対して同じランク帯の中で評価されて、応援ランクに反映されるシステムとなっており、ランクが上がればユーザーのタイムラインに表示される機会も増えるので、初心者の方でも着実に収入を増やしていけるのがPococha(ポコチャ)の魅力です。

基本的には顔出し配信が推奨

Pococha(ポコチャ)は、スマホ1台あればライブ配信アプリができる非常に手軽なアプリとなっていますが、PCからの配信はできないなど配信内容の自由度はあまり高くありません。

PCからの配信ができないため、基本的にはバーチャルライバーとしての配信やゲーム画面を映しての配信は不可となっており、バーチャルライバーやゲーム実況の配信を見たい方や顔出しせずにライブ配信活動をしたい方には不向きでしょう。

また、ラジオ配信をすることはできますが、ユーザー層的にもラジオ配信だけで伸びるのは難しいプラットフォームといえます。

『色々なジャンルの配信を見たい』という方や『顔出ししたくない』というライバーには不向きですが、ジャンルが限定される分ターゲットを絞りやすいので、『顔出しの雑談配信を見たい』という方や『顔出しでライバー活動をしたい』と考えている方にはおすすめです。

Pococha(ポコチャ)のユーザー数まとめ

ライブ配信アプリにおいて、アプリの盛り上がりや人気を示す指標としてユーザー数の多さは重要です。

リスナー(視聴者)としてもライバー(配信者)としても、ユーザー数の多いライブ配信アプリを選ぶメリットはあるでしょう。

Pococha(ポコチャ)は推定255万人以上のユーザーが利用しているライブ配信アプリで特に国内での人気が高いため、日本人ユーザーには非常におすすめです。

さらに、2021年5月からアメリカでのサービスも開始され、今後世界中でユーザーが増えることが予想されるため、英語が得意な方も楽しめるライブ配信アプリとして発展いていくでしょう。

各ライブ配信アプリの機能的な特徴やユーザー数も考慮して、自分に合ったライブ配信アプリを楽しんでくださいね。

また、ライバー活動をしたい方にはライバー事務所に所属することもおすすめです。

ライバー事務所に所属することで、自分に合ったライブ配信アプリの選定や配信内容のアドバイスなどのサポートを受けることができ、人気ライバーになるための近道となるでしょう。

『ライバー事務所について気になる』という方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

Pococha(ポコチャ)ライバー事務所おすすめランキング【口コミや評判を徹底比較】

【管理人からお知らせ】 初心者でも「公式ライバー」として自宅で月収50万円稼ぐ方法

「公式ライバー」「公式ライバー事務所」と行っても、イマイチ「ピン」と来ませんよね?
Pococha(ポコチャ)、17Live(ワンセブンライブ/イチナナ)をはじめとする人気ライブ配信アプリは、実は「公式事務所」という芸能事務所と提携をして、タレント(ライバー)さんをマネージメントしていいます。

そして、公式事事務所に所属しているライバーさんは、ライブ配信アプリの中で「公式ライバー」と呼ばれ、特別な扱いを受けることができます!※プロフィール欄にチェックマークが付与されているので、一目で分かります。

公式ライバーは、プロフィール欄にチェックマークが付されているので、一目で分かります。後述しますが、公式ライバーになると、一般ライバーと比較して、様々なメリットが受けられます! 一番ピンと来るのは、報酬です。 公式ライバーならではの報酬体型があり、週2〜3日で月収50万円から、数百万円まで、稼いでいる方も少なくありません

「ライバーさんを応援する」という目的で運営している、本ブログの一番のオススメの事務所は「ライバークリエイト」さんです!

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください! 【イチナナ】オススメの公式ライバー事務所は?選び方のポイントは?