17Live(ワンセブンライブ/イチナナ)

17Live (イチナナ) のPoke(ポーク)を解説!

リアルタイムに配信を行い、視聴者とのコミュニケーションを楽しむツールとしてライブ配信アプリが登場して久しいですが、中でも配信におけるコミュニケーションのための機能が豊富で人気を博しているのが17Live(イチナナ)です。

17Live(イチナナ)は、10代や20代の若者から働き盛りの年齢の方まで幅広い年齢層のユーザーを抱えており、今や若者のためだけのアプリではありません。
主婦をする傍らライブ配信を行っているライバーさんも多く、自分の特技や好きなことを生かしながら副収入を得ています。

そんな17Live(イチナナ)には、ライバーとリスナーがコミュニケーションを取るための手段のひとつとしてPoke(ポーク)という機能があります。

リスナーの方の中には『ライバーの配信を視聴していたら突然Pokeが送られて驚いた』という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、ライバーの方でも『Pokeってどのタイミングで送ったら良いのか分からない』とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、この記事ではPokeとは何なのか、その概要や効果的な活用方法について解説します。

17Live(イチナナ)をさらに楽しみたいという方は、この記事の内容を参考にしていただけたら幸いです。

\あなたにオススメ/
初心者でも高収入ライバーを目指せる!人気の優良ライバー事務所は?

ライブ配信応援ナビの管理人は、数多くのライバー芸能事務所を比較検討した結果、ライブ配信特化型の芸能事務所「ライバークリエイトさん」に完全無料で所属することをオススメしています。

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

17Live(イチナナ)のPoke(ポーク)とは?

17Live(イチナナ)配信を見ていると、『Poke(ポーク)』というものが送られてきて驚いた…なんて経験はありませんか?はじめて見る人の中には、戸惑ってしまった方も多いのでしょう。

17Live(イチナナ)を視聴しているとよく出てくるPoke(ポーク)とは、ライバー(配信者)がリスナー(視聴者)に向けておこなうコミュニケーション機能のひとつです。

『Poke』という英単語には、『突っつく』という意味があります。
『Pokeする』というしぐさひとつに『ありがとう』や『こんにちは』、長時間視聴してくれているのに反応がないリスナーを『ねぇねぇ』の意味を込めてつつくなど、様々な意味を持ちます。

17Live(イチナナ)を視聴しているとよく送られてくるPoke(ポーク)とは、視聴してくれていることやギフト・コメントを送ってくれることに対する感謝の気持ちを示したもので、ライバーがリスナーに送るあいさつと思って良いでしょう。

Poke(ポーク)はライバーからリスナーにあいさつや感謝の意を込めて気軽に送るスタンプで、リスナーはライバーからPoke(ポーク)が送られてきたら、Poke(ポーク)を送り返すことができ、手軽なコミュニケーションを取ることができます。

『Pokeを返す』もしくは『フォロー&Pokeを返す』を選ぶだけの操作でPoke(ポーク)を返せますので、あまり気負わずにPokeを返してみましょう。ライバーさんもリスナーからPoke(ポーク)が返ってくることは嬉しいことですよ!

幅広い意味を持つコミュニケーション機能のPoke(ポーク)を有効に活用して17live(ワンセブンライブ/旧イチナナ)を楽しみましょう。

Poke(ポーク)の使い方・返し方

難しいことを考えずに気軽にコミュニケーションを取るための手段として便利なPoke(ポーク)ですが、具体的にどのようなタイミングで使用するのが良いのか迷うこともあるでしょう。

ここでは、17Live(イチナナ)におけるPoke(ポーク)の使い方・返し方について詳しく解説します。

リスナー向けのPoke(ポーク)の使い方

17Live(イチナナ)では、リスナー側から自発的にライバーに対してPoke(ポーク)することはできません

基本的にライバーからPokeしてもらったときに『Pokeを返す』という形で初めてライバーにPoke(ポーク)することができるのです。

ライバーからPoke(ポーク)されると『ライバーがあなたにPokeしました』というポップアップが表示されます。

Pokeポップアップ

そこで無料で返せる『Poke返し&フォロー』もしくは有料で返せるPoke(ポーク)を選択できるようになり、Poke(ポーク)を返すことができますよ!

有料のPoke(ポーク)には以下の3つの種類があります。

  1. フレンドリーにPoke 2,999c
  2. 優しくPoke       999c
  3. Pokeを返す       499c

特に応援しているライバーさんには有料Poke(ポーク)を返してみるのも良いでしょう!

ライバー向けのPoke(ポーク)の使い方

Poke(ポーク)は様々なシチュエーションでリスナーに挨拶したり、感謝を伝えたりする意図で使用することができる便利な機能です。

それでは、具体的にどのような場面で使用すれば良いのでしょうか?

Poke(ポーク)の主な使い方は以下の3つです。

  1. 挨拶として
  2. ギフトへの感謝として
  3. 一括Poke(ポーク)

ひとつずつ具体的に見ていきましょう。

挨拶として

まずはPoke(ポーク)するタイミングは、ライバーがリスナーに『ハロー』のように、あいさつとして使う場合がひとつ。

Poke(ポーク)をすることによってリスナーに表示されるポップアップの中にはフォローを促すものなど、自分を応援するためのリアクションが含まれています。

新しいリスナーさんが配信に来たときには、ぜひ自分をフォローしてもらいたいもの。積極的Poke(ポーク)をしてみても良いかもしれません。

トップライバーの中には、リスナーが配信に入室したことに気付いたら、とりあえずPoke(ポーク)するという方も多いですよ!

ギフトへの感謝として

リスナーからエールやギフトを贈られたときには、『言葉でお礼を伝えるのと併せてPoke(ポーク)する』という感謝の伝え方も17Live(イチナナ)ならではです。

より一層の感謝を伝えたいシーンなど、ここぞの場面で使ってみるのも効果的ですよ!

一括Poke(ポーク)

以前までは、リスナー1人1人に対してのみPoke(ポーク)することができましたが、2020年の5月から新機能として『一括Poke(ポーク)』が実装され、配信を視聴しに来ているリスナー全員に一括でPoke(ポーク)することができるようになりました。

使用場面としては、ラッキー袋が投げられたときのようなリスナーが集まるタイミングがオススメです。

また、一括Poke(ポーク)はリスナーの生存確認の用途で行われることもあります。

17Live(イチナナ)では配信から退室したにもかかわらず、アイコンが残っている状態になることがあります。

このような場合に、アイコンが確認できるユーザーがアクティブな状態なのかを確認する用途で一括Poke(ポーク)をすることもできますよ!

ただし、Poke(ポーク)に対するリアクションはキャンセルすることもできるので、確実な方法ではない点を覚えておきましょう。

Poke(ポーク)するときの注意点

ライバーからリスナーに手軽に送ることのできるPoke(ポーク)ですが、使用に際してはいくつかの注意点があります。

Poke(ポーク)は、リスナーとライバーのコミュニケーションを円滑にするための機能ですが、場合によっては逆効果になってしまうこともあるので注意点をしっかりと押さえたうえで活用すると良いですよ!

ウザがられることもある

ライバーがPoke(ポーク)するとリスナーの画面にポップアップが表示されるため、ライブ配信を視聴するうえでは邪魔になることもあります。

また、やみくもにPoke(ポーク)を送ると不審がられることもあるので送るタイミングには注意しましょう。

ライブ配信に入室したタイミングであれば問題ありませんが、特に関係ないシーンでPoke(ポーク)するのは避けた方が良いでしょう。

特にラッキー袋が投げられた直後の一括Poke(ポーク)などは、リスナーがラッキー袋のボタンを押せなくなってしまうことがあるので、慣れないうちは一括Poke(ポーク)は使用しないのも、ひとつの対策ですよ!

リアクションが返ってこないこともある

Poke(ポーク)をされたときに、リスナーがPoke(ポーク)を返すかどうかは任意です。

人によってはPoke(ポーク)に対するリアクションが全く返ってこないこともあります。

リスナーへの感謝を伝える意図でPoke(ポーク)をしたときにリアクションが返ってこないのは悲しいかもしれませんが、あまり過剰に期待し過ぎないようにしましょう。

17Live(イチナナ)の「Poke(ポーク)」まとめ

17Live(イチナナ)での、Poke(ポーク)のやりとりは、ライバーとリスナーの大切な交流のアイテムとして使われています。

Poke(ポーク)するという行為には、『こんにちは』や『見てくれてありがとう』『応援してます』など、さまざまな意味が込められています。

リスナーとして利用している方は、次に視聴するときにPoke(ポーク)が送られてきたら、親しみの意や応援の意を込めてPoke(ポーク)を送り返してみてはいかがでしょうか。

また、これまでPoke(ポーク)を利用していなかったというライバーさんは、新規のリスナーが入室したときにPoke(ポーク)を送ってみるとコミュニケーションのきっかけにできるかもしれませんよ。うまく活用できれば、フォロワーを増やすことにもつながります。

この記事を参考に17Live(イチナナ)をますます楽しんでいただけたら幸いです。

【管理人からお知らせ】 初心者でも「公式ライバー」として自宅で月収50万円稼ぐ方法

「公式ライバー」「公式ライバー事務所」と行っても、イマイチ「ピン」と来ませんよね?
Pococha(ポコチャ)、17Live(ワンセブンライブ/イチナナ)をはじめとする人気ライブ配信アプリは、実は「公式事務所」という芸能事務所と提携をして、タレント(ライバー)さんをマネージメントしていいます。

そして、公式事事務所に所属しているライバーさんは、ライブ配信アプリの中で「公式ライバー」と呼ばれ、特別な扱いを受けることができます!※プロフィール欄にチェックマークが付与されているので、一目で分かります。

公式ライバーは、プロフィール欄にチェックマークが付されているので、一目で分かります。後述しますが、公式ライバーになると、一般ライバーと比較して、様々なメリットが受けられます! 一番ピンと来るのは、報酬です。 公式ライバーならではの報酬体型があり、週2〜3日で月収50万円から、数百万円まで、稼いでいる方も少なくありません

「ライバーさんを応援する」という目的で運営している、本ブログの一番のオススメの事務所は「ライバークリエイト」さんです!

  • 初心者でも安心!専用マニュアルと丁寧なサポートを実施!
  • TOP事務所のみ可能な「高額の時給保証」あり!
  • ライブ配信特化の事務所だから、ノウハウやサポートが豊富で手厚い
  • 初心者から、月収100万円のTOPライバーを多数排出!
  • 女性トップライバーや、ニューヨークで認められたミュージシャン男性ライバーなどが担当マネージャーが経験豊富
  • 夜のお仕事をされている方や、学生さんでもスケジュールにあった配信方法をコンサルティング!
  • プロミュージシャン御用達の有名楽器店が、機材選定やメンテナンス等、全面サポート!
  • 他事務所と比べて、事務所の手数料を安く設定!
  • Pococha、17LIVEなど大手アプリの公式グレード認定!渋谷区恵比寿ガーデンプレイスが本社!
  • Popteenなどの有名雑誌やその他多くのメディアに掲載!
という「信頼性」「サポート力」「経験値」が特徴の、ライブ配信特化の芸能事務所になります!

※ちなみに「芸能事務所 所属料金」などはなく「完全無料」です。 お金が必要な詐欺まがいの事務所には、絶対に引っかからないでください

以下の公式Lineを追加していただくと、ライバークリエイト担当者がライバーになる方法について親切に教えてくれます!

line_contents

PCの方は、スマートフォンで以下のQRコードを読み取っていただくと、ライバークリエイトの公式Lineを友達追加できます。

 

詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください! 【イチナナ】オススメの公式ライバー事務所は?選び方のポイントは?